バスケットボールPRESSBACK NUMBER

河村勇輝「父のような父になりたい」 非“熱血おやじ”が作った庭のバスケットコートが高校生Bリーガーを生んだ

posted2020/11/29 17:01

 
河村勇輝「父のような父になりたい」 非“熱血おやじ”が作った庭のバスケットコートが高校生Bリーガーを生んだ<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

オータムカップでの自身のプレーには「満足していない」という河村。12月7日に始まるインカレでも優勝を狙う

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 河村勇輝の少年時代は、夢の中までバスケットボールにあふれていた。

 昨シーズン、高校生として初めてBリーグのコートに立ってプレーした河村は、本格的にバスケットボールを始めた小学2年生から6年生まで、父である吉一さんの部屋で寝ていたと言う。

 バスケットボールの指導者である父の部屋には、数多くのNBAや国内バスケに関するビデオが並んでいた。布団に入る前に、部屋にある棚からビデオを取り出す。マイケル・ジョーダンをはじめとした1990年代のNBAのスーパースターたちの映像から、田臥勇太の能代工業高校時代の映像まで、その内容はバリエーションに富んでいた。

 幼児がお気に入りの本を選んで、親に読み聞かせてもらいながら眠るように、バスケのビデオを見ながら眠りにつくのが日課だった。さながら睡眠学習のようなものだった。

吉一さんがいたから見た過去のバスケの映像

 この時期に見た田臥のプレーが、今の自分のプレースタイルにつながっていると河村は確信している。

「『田臥選手は普通に走るよりも、ドリブルをしながら走ったときの方が速い』という話を聞いたことがあったんです。僕もそれくらい速くなりたいなと思って、ドリブルをつきながら速く進むことと、ドリブルを強くつくことを意識して練習していました。僕のドリブルは田臥さんの影響がすごく強いんです」

 田臥は1996年4月に能代工業に入り、1999年3月に卒業している。

 一方、河村が生を受けたのは2001年のこと。このときすでに田臥はハワイの大学で、NBAのコートに立つことを目指していた。

 吉一さんがいなければ、簡単には目にすることのできなかった過去のバスケの映像。それが田臥と同じPG(ポイントガード)としての河村の礎を築くことになった。

 そんな吉一さんの口癖は「本物しか買わない」だった。

「本物」というのはNBAの選手のサインのことで、ネットオークションなどを見ながら本物のサインを集めてきた。今でもサインを集めることが趣味だと公言しているという。

【次ページ】 野球少年の転機はスポーツショップ

1 2 3 4 NEXT
河村勇輝

バスケットボールの前後の記事

ページトップ