野球クロスロードBACK NUMBER

1991年夏の佐賀学園vs.天理を忘れない。
若林隆信青年が見せてくれた意地。

posted2020/05/16 11:50

 
1991年夏の佐賀学園vs.天理を忘れない。若林隆信青年が見せてくれた意地。<Number Web> photograph by Kyodo News

佐賀学園の若林隆信が天理高校の谷口功一から本塁打を放った瞬間の写真。谷口はドラ1で巨人入団を果たすも肩を痛めて活躍は難しかった。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 雑誌『Sports Graphic Number』が創刊40周年、通算1000号を迎えました。記念すべき1000号の特集テーマは「ナンバー1の条件」。NumberWebではこの特集を記念して、「私のナンバー1」という特集記事を配信することにいたしました。今回は、スポーツジャーナリストの田口元義氏が綴る、「甲子園の試合としての佐賀学園vs.天理。そしてスラッガーとしての若林隆信、という2つのナンバー1」の記憶です。

 1970年代生まれが野球少年だった頃。「甲子園のヒーロー」と言えば、PL学園の桑田真澄と清原和博の「KKコンビ」が、おそらく圧倒的多数を占めるはずである。

 1983年。1年生の夏から主戦投手と主砲として全国制覇を経験し、5季連続で甲子園に出場。優勝2回、準優勝2回という他の追随を許さない圧巻の成績で一時代を築き、個人の通算記録でも桑田の20勝と清原の13本塁打は、今も破られていない金字塔だ。

 当然、私も彼らの存在はリアルタイムで知っていた。しかし、記憶はおぼろげで「甲子園のヒーローか?」と聞かれれば、そうだと即答できるような存在ではなかった。

 私にとって、絶対的な甲子園のヒーローとは佐賀学園の若林隆信であり、その名を全国に知らしめた'91年夏の甲子園2回戦の天理との一戦が、鮮烈な記憶として刻まれている。

「あの試合を覚えてくれているなんて」

 剛腕を打ち砕いた一発。強力打線をねじ伏せた投球に、中学2年生の私は心を奪われた。

 たまたま録画していたハイライト番組のビデオテープを何度も再生しては、打撃フォームを真似たものである。

「僕を取材してくれるんですか? 嬉しいですね。あの試合を覚えてくれているなんて」

 若林に天理戦の話を聞いたのは、あの夏から14年後の2005年だった。高校時代の自身の歩みに、彼は誇りを持っていた。

「小さい時からプロ野球選手を目指してきたなかで、甲子園は通過点だったのかもしれない。けど、高校最後の夏に、天理高校っていう優勝候補に勝てたことで『やってきたことが間違いじゃなかったんだ』と思えましたね。本当に集大成の試合でした」

 若林は「エースで4番打者」という、佐賀学園における大黒柱だった。

 甲子園に出場した時点で高校通算45本塁打。投手としても、ストレートの最速は当時で「プロ注目」の指標とされていた140キロを超えていた。「チームメートを信頼していましたけど、自分が打って、抑えて勝つって本気で思っていましたから」と真顔で言うほど、高校時代の若林は矜持の塊だった。

 それは、甲子園2回戦の相手が天理に決まっても不変だった。

 下馬評での佐賀学園は、圧倒的不利にいた。

【次ページ】 「1勝できれば御の字」扱いだった佐賀県勢。

1 2 3 4 5 NEXT
若林隆信
佐賀学園高校
天理高校
谷口功一

高校野球の前後のコラム

ページトップ