ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。
「私はまだ働きたい。ジェフの……」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/04/22 11:50

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。「私はまだ働きたい。ジェフの……」<Number Web> photograph by Getty Images

オーストリアのクラブ、シュトルム・グラーツには今もオシム伝説が残る。グラーツの観客席の垂れ幕には今もオシムの顔と名前が……。

「ジェフのような“自分の人生のクラブ”で」

――それであなたは大丈夫なのですか?

「日本での知名度を利用して何かできないかと考えている。というのもここオーストリアでは、働きがいのあるクラブを探すのも簡単ではないからだ。

 今は健康の問題を抱えていて、1人では外出できない。膝が悪化して歩行が困難だしな。もちろん走れないしボールも蹴れない(笑)。それでは難しいときもある。サポーターが試合に満足せずに、怒りを露わに背後から襲いかかってきたときなど、選手のようにフィジカルが十分でないと対応できないからな(笑)。

 私はまだまだ働きたい。ジェフ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)のような“自分の人生のクラブ”で、静かに仕事をしたい。すべてを理解し、申し分のない環境のなかで仕事をする――それこそ“人生の仕事”といえる。日本の言葉を幾つか覚えて実際に仕事で生かし、経験を重ねる。それがまたできたら素晴らしいと思う。

 シュトルム・グラーツでの私の教え子が、オーストリア代表監督を務めいい仕事をしている。フランコ・フォーダだ。ドイツの出身だがシュトルムでのプレーも素晴らしかった。指導者になってからもずっとクラブに残り、今は代表監督として素晴らしい結果を残している。

 彼を見ていると、日本人の指導者もヨーロッパで仕事をしてもいいのではと思えてくる。

 日本は多くの点で進歩した。サッカーそれ自体も進化している。試合を見れば、いろいろなことが変わっているのにすぐに気づく。とりわけフィジカル面や戦術面などでの変化が著しい。恐らくそれは日本サッカーの未来への、強力な武器になるだろう。

 そう、明日のことをこそ考えるべきだ。自分たちが何を求め、どこに向かおうとしているのかをハッキリと意識しながら。

 今、代表に誰がいるのか教えてくれ」

――若い選手が多いです。リバプールの南野拓実やPSVの堂安律、マジョルカの久保建英、ボローニャの冨安健洋……。

「彼らの中からそう遠くないさきに、チャンピオンズリーグ決勝でプレーする選手が出てきて欲しい」

――まだちょっと時期尚早な気がします。

「そうしたことをまた電話で話そう。試合を見ながらでもいい。君や家族、友人たち、日本の皆さんの健康を心から願っている。私の知人に会ったらよろしく伝えてくれ。サリュ、モンビュウ」

――メルシー、イバン。

関連記事

BACK 1 2 3 4
イビチャ・オシム
ジェフユナイテッド市原・千葉
南野拓実
堂安律
久保建英
冨安健洋

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ