Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ジャパンの新兵器>
ラファエレ ティモシーのオフロードパスを見よ。

posted2020/02/07 08:00

 
<ジャパンの新兵器>ラファエレ ティモシーのオフロードパスを見よ。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

昨年のW杯で脚光を浴び、称賛されたのは、日本においてタブー視されてきたプレーだった。ジャパンでその妙技を披露した名手と、代表での指導を担った男が語る、その有効性とは?(Number996号掲載)

 初の8強入りを果たした日本代表の大会初トライは、この人の右腕が起点だった。

 2019W杯日本代表、CTBラファエレティモシー。

 '16年秋に代表デビューしたニュージーランド(NZ)出身の技巧派は、ロシアとのW杯開幕戦、前半11分に片手による「ノールック・オフロードパス」をFBウィリアム・トゥポウに通した。トライ後のスロー映像が流れると、会場が爆発的に沸いた。

「ロシア戦のオフロードパスは良かったです。最初のトライ、トゥープス(トゥポウ)へのパスはサインプレーではなく、状況判断でした。彼のコースを読んで、このあたりだろうとパスを出しました」

 WTB松島幸太朗のチーム初トライをお膳立てし、7点ビハインドだった日本は歓喜。ロシア戦では両チーム最多となる3本のオフロードパスを放ち、8強入りへのスタートダッシュに貢献した。

「オフロードパスの良いところはプレーを継続できる点。チームの武器になります」

 相手のタックルを受けながら味方にボールをつなげる「オフロードパス」は、W杯日本大会の随所でトライを演出した。スコットランド戦では3連続のオフロードパスから、PR稲垣啓太の劇的な代表初トライも生まれた。

 しかし、順風満帆だったわけではない。W杯の2年前は、オフロードパスが不協和音を生んでいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3644文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビー再入門

Sports Graphic Number 996

ラグビー再入門

 

ラファエレ ティモシー
神戸製鋼コベルコスティーラーズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ