ラグビーPRESSBACK NUMBER

田村優がつないだ「10番」は誰に?
頼もしい、若き司令塔たちの躍動。

posted2020/02/06 11:50

 
田村優がつないだ「10番」は誰に?頼もしい、若き司令塔たちの躍動。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日本が次のステージに進むためには、若き司令塔の成長は欠かせない。この冬は学生カテゴリーで期待できるSOが多く現れた。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 熱狂のワールドカップイヤーが終わったラグビー界。

 新しい年、新時代を担う若者たちが躍動した。

 2020年のラグビーを読み解くキーワードは、背番号10。次世代の司令塔の競演だ。

 W杯で背番号10、司令塔に座ったのは田村優。30歳(2020年1月9日で31歳になった)。次のW杯では34歳。プレーできない年齢ではないが、そこまで継続して代表でハードワークするかどうかは本人次第だ。

 田村とともにW杯に出場した松田力也は25歳。こちらは4年後に向けての意欲を明言している。フランス大会のときは29歳。脂の乗った年齢だ。

フランス代表ヌマタックは20歳。

 とはいえ、世界の若返りは早い。W杯日本大会で注目を集めたのはフランス代表の20歳の司令塔、ロマン・ヌタマックだ。自国開催となる次回大会は、24歳の若さながらW杯本大会のタフな経験を4試合も積んだ選手として登場する。

 遡れば、1999年大会で20歳でデビューしたジョニー・ウィルキンソンが、4年後のオーストラリア大会でイングランドを北半球勢初の優勝に導いた。その2003年大会に21歳でデビューしたダン・カーターは、世界最高の司令塔と呼ばれ、2015年イングランド大会でオールブラックスをW杯初の連覇に導いた。

 どちらにしても次の司令塔は育てねばならない。

 そして、出番が待ち遠しくなるほど、次世代の司令塔候補はこの冬、各カテゴリーの大会で輝いた。

【次ページ】 大学日本一に導いた司令塔。

1 2 3 4 NEXT
田村優
松田力也
山沢拓也
ロマン・ヌタマック
岸岡智樹
山沢京平
伊藤大祐
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ