Beyond The GameBACK NUMBER

トンプソンの鶏口牛後。
~なぜNZから日本へ来たのか~

posted2020/02/08 08:00

 
トンプソンの鶏口牛後。~なぜNZから日本へ来たのか~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

1月19日、秩父宮で行われたラストゲーム(近鉄対栗田工業)勝利後に、ファンとの別れを惜しむ。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 これで退く。だから、ここをなかなか退かない。さっき試合は終わった。それなのに辛抱強く前向きで勇敢なラグビー選手を仲間もファンもしばらく放そうとはしない。胴上げの宙に舞い、引きずる脚で観客席に沿ってグラウンドを周った。

 ルーク・トンプソン。日本国籍を得てからの表記はトンプソンルーク。38歳。近鉄ライナーズとジャパンのFWは、なにもかも悟った長老のような、好奇心に満ちた14歳のような、どちらとも形容できる表情で光景に溶けた。

 なぜジャージィを脱ぐのか。書きたいのはそのことではない。なぜニュージーランド(NZ)の小さな町に育った若者は日本へやってきたのか。そちらだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1005文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

トンプソン ルーク
近鉄ライナーズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ