箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根駅伝、区間エントリーの注目は?
復路の「7&8区」が重要なワケ。 

text by

涌井健策(Number編集部)

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/12/28 11:50

箱根駅伝、区間エントリーの注目は?復路の「7&8区」が重要なワケ。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

東海大を率いる両角速監督。2011年に母校の監督に就任、今回は連覇を狙う。

東洋大は往路に主力を投入か。

 今年も7、8区の重要性は変わらない。

「5強」のなかで、往路優勝を積極的に狙い、復路での「先頭効果」に重きを置きそうなのが東洋大、駒大、國學院大だろう。

 東洋大は相澤晃、駒大は田澤廉、國學院大は浦野雄平という「切り札」だけでなく、他の主力も往路で投入してくる公算が高い。

 そうなったときに、7、8区にどのレベルの選手を起用できるのか。明日のエントリーで1万m28分台の記録を持っていたり、全日本大学駅伝で実績をあげた選手を起用できれば、チームとしての調整が順調だということが伺える。

東海、青学は復路勝負の比重が大きい。

 そして前回王者の東海大、そしてリベンジを狙う青学大は選手層の厚さこそが強みであり、7、8区に有力な選手を並べてきそうだ。

 事実、青学大の原監督はこう語る。

「極端な話、往路は10位でも良いと思っているんです。順位よりも先頭とのタイム差が重要でして。先頭から1分以内で往路を終えられれば(復路で)面白いレースが見せられます」

 箱根駅伝未出場ながら1万m28分31秒と力のある4年生・中村友哉、11月の世田谷246ハーフを1時間3分11秒で制した2年生・飯田貴之あたりが起用されると面白くなってくる。

 また東海大の両角監督は「アンカー勝負になることも覚悟している」と発言しており、復路勝負を見据えている。

 そして前回同様に7区・阪口、8区・小松と経験者を並べて万全を期す可能性もあるし、故障から復帰した主将の館澤亨次、上尾ハーフで1時間2分11秒と勢いのある1年生・松崎咲人らを起用しても、他校にとっては怖い「逆転の切り札」となるだろう。

 12月29日の区間エントリー。7、8区に隠された監督の意図を探りつつ、決戦を前にした展開予想を楽しみたい。

発売中のNumber992号「箱根駅伝 最強の襷」では、3人の座談会のほか、9月のMGCで東京五輪マラソン代表に内定した中村匠吾、服部勇馬の学生時代の箱根路での激闘を振り返るノンフィクション、東洋大、青学大、駒大、早大という名門大学の「原点」を辿った秘話発掘ストーリー、そして令和初の優勝の行方を占う東海大や国学院大の記事などを掲載。また20大学327名を紹介した別冊「箱根駅伝2020選手名鑑」が付録となっています。
箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

関連コラム

BACK 1 2 3
東洋大学
國學院大学
東海大学
青山学院大学
駒澤大学

陸上の前後のコラム

ページトップ