ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

遠藤航が加入のシュツットガルト。
斬新な監督、ブッフバルトも参画?

posted2019/09/30 11:15

 
遠藤航が加入のシュツットガルト。斬新な監督、ブッフバルトも参画?<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギーのシント・トロイデンからドイツ挑戦を決めた遠藤航。1部復帰の立役者となれるか。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今夏のヨーロッパは昨年と同じく猛暑に見舞われ、ドイツでも気温が40度近くまで達する地方がありました。でも、それも短い時期で、9月下旬を迎えた今は日中こそ20度以上まで上がりますが、夜間は気温が1桁を示すことも多くなりました。

 ドイツの方々は防寒が抜かりないと感じます。つい最近までTシャツ、短パンで過ごしていたのに、翌日は若い女性が分厚いジャンパーを着て全速力で自転車を漕ぐ姿を見たりもします。

 ちなみにドイツ語ではジャンパーやジャケット、ブルゾンのことを総称して「ヤッケ」と呼びます。これはスペルの「Jacket」をドイツ語読みしたものですが、日本でも50代以上の方が作業服などのことを「ヤッケ」と言いますよね。あの言葉はドイツ語が語源なのだと最近知りました。

 肌寒くなると、こちらでは本格的なサッカーの季節が到来したと実感します。

 国内リーグに加えてUEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどのカップ戦が開催され、各スタジアムだけでなく、街中のカフェやバーなどでもサッカーを目にする機会が増えています。

1部は群雄割拠の様相だが。

 2019-2020シーズンのブンデスリーガは群雄割拠の様相を呈しています。

 目下リーガ7連覇中の“盟主”バイエルン・ミュンヘンは、5試合を終えて3勝2分の無敗を堅持。貫禄のスタートを切りました。

 しかし現在の首位は、そのバイエルンと第4節で激突して堂々のドローで終えたRBライプツィヒです。俊英指揮官のユリアン・ナーゲルスマンが監督に就任したライプツィヒは、ラルフ・ラングニック前監督が築き上げた「コントロールされたカオス」に、ナーゲルスマン流の「オーバーロード」戦術を融合させる試みを行っています。

 ただ、首位ライプツィヒと7位レバークーゼンまでとの勝ち点差は僅かに3。この中にはドルトムント、フライブルク、シャルケ、ボルシアMGなどがひしめいていて、シーズン序盤のつばぜり合いはなかなか見応えがあります。

 そんな中、今回は1部クラブに関することではなく、2部に属する“ある人気クラブ”の行末と、そのチームを率いる興味深い指揮官のことについて書きたいと思います。

【次ページ】 お家騒動が勃発していた最近のVfB。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤航
シュツットガルト
ギド・ブッフバルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ