熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

困窮ロナウジーニョの預金額640円。
パスポート没収、女性トラブルも。

posted2019/10/01 08:00

 
困窮ロナウジーニョの預金額640円。パスポート没収、女性トラブルも。<Number Web> photograph by Getty Images

現役時代から自由奔放だったロナウジーニョだが、ピッチを離れた今は色々と問題を起こしているようで……。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 足のアウトサイドでボールを外へ押し出し、即座に足の爪先に引っかけて切り返して相手を抜き去る妙技・エラスチコ。これをボールを浮かせてやってしまう、空中エラスチコ。

 蹴る方向を見ないでパスを出すノールックパスを、あえてパスを出すのと反対を向いて出す、あっち向いてほいノールックパス。

 後方からのパスを背中で止めると同時に、近くの味方に渡す、背中トラップ&パス。

 独創的、華麗にしてどこかユーモラスでもあるプレーでマーカーをキリキリ舞いさせ、世界中のサッカーファンを魅了したロナウジーニョが、第2の人生で迷走している。

 2015年9月末、リオの名門フルミネンセでプレーしたのを最後に、彼は現役を退いた。以後は、世界各地で行なわれるサッカーやフットサルの記念試合や各種イベントに参加し、華麗な足技でファンを楽しませる「サッカー伝道師」を務める。

 指導者にも解説者にもならず、「ロナウジーニョ」であり続けることを選んだ。

兄と購入した土地での違法建設。

 一方、私生活では夜遊び好きのボヘミアン。正式に結婚したことはないが、2005年、ブラジル人ダンサーとの間に息子をもうけている。

 選手として大きな名声と人気を手に入れ、莫大な金を稼ぎ、盛大に使ってきた。麻薬問題や反社会的勢力との関係が疑われたこともない。

 しかし、近年、多くのトラブルを抱えている。

 故郷ポルトアレグレ郊外の大きな湖のほとりに、兄で代理人を務めるアシスと共同で890ヘクタールの土地を購入した。2009年、敷地内に全長142mの桟橋を建設し、橋の先端に船着き場と魚釣り用のスペースを設けた。周辺に水路やアスファルト道路も造った。

 ところが、湖の一帯は環境保護地区に指定されており、市はこれらの建造物を違法とみなして撤去を求めた。

【次ページ】 罰金の利子が4億7000万円に膨らむ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ロナウジーニョ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ