サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

余裕がないと得点は決め切れない?
日本サッカーに欲しい「遊び」。

posted2019/06/26 11:30

 
余裕がないと得点は決め切れない?日本サッカーに欲しい「遊び」。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

前田大然には圧倒的なスピードという武器がある。そこに“余裕”というエッセンスを加えられるか。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 日本もエクアドルも互いにミスをたくさん犯し、たくさんチャンスを外したのだから、コパ・アメリカでのグループリーグ敗退はもっともな結果だと思う。

 しかし、勝てたのになあ……という思いもぬぐえない。

 日本にとって、最大のチャンスは90分に訪れた。

 久保建英の絶妙なパスから前田大然が抜け出し、キーパーとの1対1を迎える。来た来た来た! 思わず前のめりになったが、シュートはキーパーに阻まれ、こぼれ球を狙った上田綺世のシュートもバーを大きく越えていった。

 ああ、やっぱり……。

 試合後の記者会見やミックスゾーンでは、「勝ち切れない」「決め切れない」といったいつもの言葉が並んだが、なぜこういうことになってしまうのか。

 いちばんの理由は、日本の選手に余裕がないからだと思う。

「外せない、決めなきゃいけない」

 試合後、前田はこの場面を次のように振り返った。

「しっかりとボールを蹴ることができなかったので、悔いが残ります。そういうところで、まだまだ実力がともなっていないと感じます」

 しっかりとボールを蹴ることができなかったのは、技術的なことよりも精神的な理由が大きいのではないか。

 絶好のチャンス、チームを救うヒーローになれるところで、「外せない」「決めなきゃいけない」とむしろ精神的に追いつめられてしまう。余裕があれば、あれほど正直なシュートにはならなかっただろう。

 フィニッシュのところで上手くプレーできないのは、前田に限ったことではない。日本の多くの選手が抱える課題だ。

【次ページ】 「死ぬほどボールで遊んだんだな」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田大然

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ