テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみ、同世代ライバルに連敗。
「一番学んだこと」は心の重要性。

posted2019/05/10 11:45

 
大坂なおみ、同世代ライバルに連敗。「一番学んだこと」は心の重要性。<Number Web> photograph by Getty Images

赤土でのタイトル獲得とはならなかった大坂なおみ。同世代ベンチッチ相手の連敗は今後にどう影響するか。

text by

長谷部良太

長谷部良太Ryota Hasebe

PROFILE

photograph by

Getty Images

 世界1位を逆転で破ったベリンダ・ベンチッチ(スイス)を祝福する大歓声に沸くコートで、手早く荷物をまとめた大坂なおみは、耳をふさぐかのように、スマートフォンにつながれたイヤホンをそっと耳に入れた。

 左腹筋痛からの復調ぶりや、クレーコートへの適応力が注目されたマドリード・オープン。1回戦から3勝を積み上げ、4強入りまであと一歩に迫りながら、手が届かなかった。

 ベンチッチ戦を前に、大坂は特別な思いを抱いていた。前回対戦した3月のBNPパリバ・オープン4回戦ではラリー戦で圧倒され、3-6、1-6でストレート負けしている。この大会は昨年、念願のツアー初優勝を遂げた思い出深い舞台。そこで連覇を阻まれた、苦く、新しい記憶が、雪辱の思いを強くしたのかもしれない。

「彼女に2回続けて負けたくなかった」

 21歳は、素直に胸の内を明かす。

 ベンチッチは大坂と同じ1997年生まれ。マルチナ・ヒンギスの母から指導を受け、ライジングショットを最大の武器としている。2016年2月、大坂よりも先に18歳で世界トップ10入り。けがでランキングを落としていたが、再び上位に戻ってきた。

いい方向に働かなかった闘志。

 同世代のライバル候補に対する大坂の闘志は、いい方向に働かなかった。試合中にミスを引きずる原因になり、逆転を許した。

 第1セット、大坂は第4ゲームで相手のミスにつけ込み、早々とブレークする。だが、その直後に第1サーブが入らず、ブレークバックされる。それでも、第8ゲームで2度のダブルフォールトを犯した相手に助けられ、ここをブレーク。盤石さは示せなかったものの、何とかセットを先取した。

 第2セットはバックハンドのクロスが決まらなくなり、「ただ、ミスのことだけを考えてしまった」と反省する展開となる。第1ゲームではいら立ちを隠せず、ブレークポイントを3度逃した。まだ優位は変わらないはずなのに、大坂の攻めは消極的になる。第2ゲームでは甘い球を中途半端に返球し、逆襲を受けた。ブレークポイントを握られた場面では第2サーブを深く返され、たまらずミスした。

 ブレークバックに成功した直後の第6ゲームでは、決めにいったフォアの強打をカウンターで抜かれ、客席が沸く。ここから連続でミスを重ね、最後はダブルフォールト。テニスの内容自体は悪くないのに、相手の好ショットやミスをした自分へのいら立ちをきっかけに、安定したプレーができないでいた。

【次ページ】 大坂が勝つと思った2つの理由。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ

テニスの前後のコラム

ページトップ