マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

佐々木朗希「163km」の一部始終。
球場は静まり、別の武器も披露。

posted2019/04/09 11:30

 
佐々木朗希「163km」の一部始終。球場は静まり、別の武器も披露。<Number Web> photograph by BFP/AFLO

U-18野球日本代表合宿でものすごいボールを投げ込んだ佐々木朗希。この高校生、ただ者ではない。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

BFP/AFLO

「すごく緊張して、勝手に体に力が入ってしまって、思ったようにボールに指がかからなかったんで……」

 それで「163」なら、指にかかった日には200キロぐらいあっさり出すんじゃないのか。

 1日のスケジュールがすべて終わって、横浜高・及川雅貴、東邦高・石川昂弥、星稜高・奥川恭伸……注目の3選手と共に囲み取材に並んだ大船渡高・佐々木朗希投手。声はいちばん小さかったが、実は、言ってることの中身は、とんでもなくデカかった。

 U-18代表候補選手合宿の2日目、近畿大学のグラウンドで行われた「紅白戦」。第2試合の先発でマウンドに上がった佐々木朗希投手のピッチングがすごかった。

 先頭の森敬斗(内野手・176cm70kg・右投左打)は、速い球には鋭く反応できる打者なのに、その森が初球の速球に、ボールがミットに収まってから振ったような振り遅れの空振りをしたから驚いた。

 6日前の作新学院との練習試合で156キロまで出して、3イニング投げて6三振を奪ったその腕で、今度は「ジャパン候補」の6人の打者を相手に6連続奪三振なのだから、もう一度驚いた。

163kmに、グラウンドが静まった。

 そして、そんな快投の中で、佐々木朗希投手がマークした「時速163キロ」。横浜高・内海貴斗に投じた3球目だった。

 佐々木投手が投げ始めてしばらく、グラウンドがシーンとなっていた。バックを守っている選手も、相手方のダグアウトも、いつの間にか佐々木投手のピッチングをジーッと見入ってしまっている。

「さあ、声出していこうか!」

 仲井宗基コーチ(八戸学院光星監督)の一声に、ハッとしたように、そこここから選手たちの声が上がる。

 そんな空気の中で生まれた、花巻東の大谷翔平(エンゼルス)も投げられなかった「163」。

 ほんとかい?

 一瞬、本気にしない空気も流れたが、スカウトの方のスピードガンが一塁側でも、三塁側でも、160キロ台を計測したので、「公認」ということになった。

【次ページ】 昨夏の県予選から予感はあった。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木朗希
大船渡高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ