マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

佐々木朗希「163km」の一部始終。
球場は静まり、別の武器も披露。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byBFP/AFLO

posted2019/04/09 11:30

佐々木朗希「163km」の一部始終。球場は静まり、別の武器も披露。<Number Web> photograph by BFP/AFLO

U-18野球日本代表合宿でものすごいボールを投げ込んだ佐々木朗希。この高校生、ただ者ではない。

2日目のキャッチボールは……。

 実は、いじわるな取材者としては紅白戦翌日のキャッチボールが見たかった。

 きのうと同じような、長い右腕をグイとしならせた豪快なアームスイングを見せてもらえるのか……。

 残念ながら、朝からおよそ2時間ほどの練習時間のほとんどを入念なストレッチに費やして、佐々木朗希の「全国初お目見え」は終了した。

 まだ、連投はしていないという。

 すばらしい骨格と体型。誰に教わったのか、自分で身に付けたのか、理にかなったダイナミックなフォームから、高校球児がまだ誰も足を踏み入れたことのないスピードの領域に、いとも簡単に突入してしまった見たことのない大器。

 この先、求められるとすればチームを背負って、場合によっては、進んで連投のマウンドにも向かっていける心身の頑丈さか。

 本物の怪物候補出現に、取って付けたような「締めの言葉」などいらないだろう。

 大船渡高・佐々木朗希投手、U-18代表候補合宿での、これが「一部始終」である。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
佐々木朗希
大船渡高校

高校野球の前後の記事

ページトップ