Beyond The GameBACK NUMBER

アスリートの告白と勝利至上主義の影。
~千葉すずから池江璃花子へ、時代は変わったか~

posted2019/03/07 07:00

 
アスリートの告白と勝利至上主義の影。~千葉すずから池江璃花子へ、時代は変わったか~<Number Web> photograph by Takao Fujita

2018年アジア大会で6冠に輝いた池江。白血病公表は大きな衝撃だった。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Takao Fujita

 スポーツにおいて、それほど勝つことが絶対的な価値なのか?

 直近の日本のスポーツ界でこの問いの大きなメルクマールとなったのは、競泳元日本代表・千葉すずの発言と行動だった。

 千葉は16歳でバルセロナ五輪日本代表となり200m自由形で6位に入賞。4年後の1996年にはメダルを期待されてアトランタ五輪に出場し、800mフリーリレーでは4位に入賞した。しかし直後に生出演した当時の人気ニュース番組「ニュースステーション」で、キャスターの久米宏氏との話は空回りするばかりだった。

「メダルを取れなくて残念」という口調の久米氏に、大会前から「オリンピックは楽しむために出る」と語ってきた千葉が猛反発。最後にこんな言葉が飛び出してしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

千葉すず
池江璃花子
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ