ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエ「“攻撃的な守備”が方針だ」
アジア大会で見えた森保監督の哲学。

posted2018/09/11 10:30

 
トルシエ「“攻撃的な守備”が方針だ」アジア大会で見えた森保監督の哲学。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

アジア大会では、海外メディアが選ぶベストイレブンにも選ばれた身長189センチの立田悠悟。今後、世界レベルに化けるか?

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Naoki Morita/AFLO SPORT

 フィリップ・トルシエは今、ベトナムのハノイにいる。Jヴィレッジを彷彿させる最新の施設である「PVFアカデミー(ベトナムサッカー選手才能開発投資ファンド・アカデミー)」で、ディレクターとしてベトナムの育成プログラムの作成と統括を指揮している。

 そのトルシエと、日韓決戦となったジャカルタ・アジア大会決勝を一緒にテレビ観戦する機会を得た。いったいトルシエは、若き五輪代表世代の戦いぶりと森保一監督の采配をどう見たのか。また自身以来となるひとりの監督によるA代表と五輪代表の兼任に、どんな展望を抱いているのか……。

 トルシエが語った。

決勝は韓国が日本を圧倒していたが……。

――アジア大会決勝ですが、全般的な印象から。

「より優れたチームが勝った。韓国はプレーを入念に構築して攻撃的でもあった。ボールもピッチも支配していた。彼らは日本サイドでずっとプレーし続け、何度もコレクティブな攻撃を繰り返し、フィジカルでも圧倒した。

 試合開始から、日本が相手の攻撃を跳ね返す状況にあるのは明らかだった。それは日本が自ら選んだ展開ではなく、両者の純粋な実力差から導き出された結果だった。

 ただ、それだけの差がありながら、日本はよく抵抗した。

 組織された3バックの守備戦術を活用した、知的な抵抗だった。中盤の選手が戻ってボールにプレッシャーをかけ、韓国に危険な状況を簡単には作らせなかった。韓国の攻撃を組織された守備の力で根気強く跳ね返してはいた。

 ひとつの守備文化と言ってもいい。すべてがロジカルで効率的だった。

 私自身が守備を第一に考えているから、同じ監督として森保監督が実践したことを十分に理解できた。

 カウンターでしか反撃できない日本は、守備が最高の攻撃になりうることを示した。とても高いレベルの仕事であったといえる」

【次ページ】 日本は「攻撃を構築する方法に問題」。

1 2 3 4 5 NEXT
フィリップ・トルシエ
森保一
立田悠悟
三好康児
上田綺世

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ