バレーボールPRESSBACK NUMBER

昔は甲子園を目指したバレー選手。
高橋健太郎を変えたひと言とは。

posted2018/08/22 08:00

 
昔は甲子園を目指したバレー選手。高橋健太郎を変えたひと言とは。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

高橋健太郎の変化に、中垣内祐一監督も「バレーに臨む姿勢が変わった」と評価する。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 好調。不調。うまくいかない。何か違う。

 トップアスリート、と呼ばれる立場になれば、ほんの些細な感覚がその日やその試合のパフォーマンスに直結する。もちろんそれは技術やフィジカルのみならず、メンタルも同じ。

 あまりよくない。そう感じても、それを表情に出したら終わり。できるだけ周囲には気づかれないように、些細な「何か」を試合の中で修正しようと努める選手が大半である中、高橋健太郎は違う。実にわかりやすい。

「自分の感情がごまかせないんです。ガーッと上がる時もあれば、どん底まで落ちる時もあるし、怒りも抑えきれない。今思うと、余裕がなかったんですよね」

 初めて日本代表に選出された筑波大時代も、大学生として出場した試合で頭に血が上り、物に当たったこともあれば、U20代表で海外のチームと試合をした際、相手の挑発に乗りあやうくケンカになりかけたこともあった。

 少し恥ずかしそうに「単純なんです」と笑いながら、こう言った。

「気にするところが違ったんですよね。周りからどう見られているのか、ということばかり気になって仕方なかった時もあったし。でも今はすごく充実してバレーボールに取り組めているから、周りのことはどうでもいい。たぶん今が一番、バレーボールが楽しいです」

中学までは甲子園を目指していた。

 中学までは野球部で、高校に入ったら本気で甲子園を目指そうと思っていた。

 だが肘のケガで野球は断念せざるを得なくなり、当初はバスケットボール部に入ろうと思っていたが、周囲の勧めもあり高校からはバレーボールを始めた。身体能力が高く、身長もただ高いだけでなく、動きも機敏。ミドルブロッカーでも、オポジットでもどちらでも対応できる選手になるのではないか。2014年に日本代表候補へ初選出された理由は、そんな期待の表れでもあった。

 翌年のワールドカップでは同世代の柳田将洋、山内晶大、石川祐希と共にアイドルのような扱いで多くのメディアにも露出。元来目立ちたがり屋でもある。過度に注目されているとわかっていても、最初は楽しかった。

【次ページ】 「俺、世界でも行ける」から一転。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高橋健太郎
中垣内祐一
富松崇彰
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ