バレーボールPRESS 

石川祐希、柳田将洋を活かすために。代表セッター関田誠大が誓う進化。

石川祐希、柳田将洋を活かすために。
代表セッター関田誠大が誓う進化。

バレーボールPRESS

2019年4月下旬、バレーボール男子日本代表チームが集結し、今年度の活動を開始した。来年の東京オリンピックに向けて「最も重要な一年」(嶋岡健治・日本バレーボール協会会長)と位置付ける今シーズンは、今月末か…続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2019/05/15

Vリーグ連覇に貢献、次は代表で。“8時半の女”石井優希は強くなった。

バレーボールPRESS

Vリーグ連覇に貢献、次は代表で。
“8時半の女”石井優希は強くなった。

バレーボールのシーズンは長い。 10月に開幕したVリーグを終えたばかりの4月、今度は国際大会に向けた代表シーズンが始まる。 4… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2019/05/08

チームも選手も変えた名将。日本バレーにささげた6年間。

バレーボールPRESS

チームも選手も変えた名将。
日本バレーにささげた6年間。

日本バレーに一石を投じた名将が去る。3月24日、バレーボールのV.LEAGUE DIVISION1男子に所属する豊田合成トレフェルサは、アン… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/04/23

2部昇格のヴォレアス・古田が熱弁。「バレー界で北海道から勝負する」

バレーボールPRESS

2部昇格のヴォレアス・古田が熱弁。
「バレー界で北海道から勝負する」

3月16日、旭川で行われた男子バレーボール・Vリーグディビジョン3で優勝を決め、初参戦となった前年度から連覇を果たしたヴォレ… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2019/04/03

「祐希の妹」を脱却し、プロの道へ。東レ石川真佑の笑顔が弾けた1本。

バレーボールPRESS

「祐希の妹」を脱却し、プロの道へ。
東レ石川真佑の笑顔が弾けた1本。

少し緊張気味にコートへ。見慣れたえんじ色のユニフォームではなく、青とオレンジ、背には「17」の背番号と「MAYU」の文字。スタ… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2019/03/24

産休から復帰した竹下佳江の挑戦。「怒るより響くことを言う」監督術。

バレーボールPRESS

産休から復帰した竹下佳江の挑戦。
「怒るより響くことを言う」監督術。

2016年に誕生し、ロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江監督のもと成長を続けてきた女子バレーボールのプロチーム「ヴィクトリーナ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/03/06

バレー石川祐希、イタリアで変貌。「代表でもバトルがあっていい」

バレーボールPRESS

バレー石川祐希、イタリアで変貌。
「代表でもバトルがあっていい」

チームの成績は14チーム中13位、21試合を終え2勝19敗と厳しい状況ではあるのだが、各国の代表選手が揃う世界のトップリーグでケ… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2019/02/22

バレー清水邦広、復帰も再び膝手術。度重なる試練もコートに必ず戻る。

バレーボールPRESS

バレー清水邦広、復帰も再び膝手術。
度重なる試練もコートに必ず戻る。

2008年の北京五輪に出場し、その後、全日本の主将も務めたオポジット清水邦広(パナソニックパンサーズ)が、349日ぶりにコート… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/02/12

春高バレー、大山加奈らの提言。「選手の将来を守ってあげたい」

バレーボールPRESS

春高バレー、大山加奈らの提言。
「選手の将来を守ってあげたい」

3月から1月へ開催時期が移されて以来、今年で8年になる。ただでさえ華やかで、最も盛り上がるバレーボールの大会が春高であるこ… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2019/01/23

春高直前までバラバラの金蘭会が、女子3校目の連覇を達成できた理由。

バレーボールPRESS

春高直前までバラバラの金蘭会が、
女子3校目の連覇を達成できた理由。

1位と2位の差。金メダルと銀メダルとはいえ、同じ相手に負け続けて来たせいだろうか。勝つことの喜びがこんなに爆発したのは初め… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2019/01/17

開幕2カ月、新生Vリーグの通信簿。新規ファン獲得に必要なこととは?

バレーボールPRESS

開幕2カ月、新生Vリーグの通信簿。
新規ファン獲得に必要なこととは?

今季新しくなったバレーボールの国内トップリーグ、V.LEAGUEが開幕して約2カ月が経ち、日本のバレーボール界の現状が浮き彫りに… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/01/09

全日本バレー女子主将・岩坂名奈。リーダーになった元“いい子ちゃん”。

バレーボールPRESS

全日本バレー女子主将・岩坂名奈。
リーダーになった元“いい子ちゃん”。

2018年最後の公式戦となった、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権を久光製薬が2年ぶりに制し、チームメイトは「キャプテン… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2018/12/29

時には聞き入れない勇気と、欲。松本慶彦37歳は今もVリーグで一流。

バレーボールPRESS

時には聞き入れない勇気と、欲。
松本慶彦37歳は今もVリーグで一流。

バレーボール男子V.LEAGUE、ディビジョン1(1部)リーグは第1レグを終え、中盤戦へと突入している。そんな中、ディビジョン1では… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2018/12/12

Vリーグ、新設アジア枠の面白さと日本人プレーヤー育成のジレンマ。

バレーボールPRESS

Vリーグ、新設アジア枠の面白さと
日本人プレーヤー育成のジレンマ。

バレーボールの国内リーグ、V.LEAGUEが10月26日に開幕し、男子のトップリーグ・Division1(V1)は1レグが終了した。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/11/28

「45歳まで現役でバレーを続ける」清水邦広は全治12カ月にも前向き。

バレーボールPRESS

「45歳まで現役でバレーを続ける」
清水邦広は全治12カ月にも前向き。

試合開始40分前。松本市総合体育館のグッズ売り場に人だかりができていた。今季からトップカテゴリーに昇格したVC長野トライデン… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2018/11/14

日本でバレー国際大会ができない?中国など海外での人気と放映権料。

バレーボールPRESS

日本でバレー国際大会ができない?
中国など海外での人気と放映権料。

9月29日から10月20日まで日本で開催された女子バレーボールの世界選手権は、セルビアの初優勝で幕を閉じた。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/11/04

新生Vリーグは客層が変わった!「社員のもの」から真の興行へ。

バレーボールPRESS

新生Vリーグは客層が変わった!
「社員のもの」から真の興行へ。

体育館に入ると、今シーズン、サントリー・サンバーズに新加入したリーグ最高身長218cm、ドミトリー・ムセルスキーの等身大パネ… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2018/10/30

世界を知る女子バレー荒木絵里香がコートで見せる大黒柱としての役割。

バレーボールPRESS

世界を知る女子バレー荒木絵里香が
コートで見せる大黒柱としての役割。

荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)のサーブは何かを起こす。現在開催中のバレーボール女子の世界選手権では、そんな場面が毎… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/10/17

バレー古賀紗理那の悩みを払拭した母からの「カッコよかった」とは。

バレーボールPRESS

バレー古賀紗理那の悩みを払拭した
母からの「カッコよかった」とは。

叩きつけるスパイクが、ズドン、と心地よい音を響かせる。「すごく感覚がいいんです。どれだけ打ち続けても疲れない。自分でも、… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2018/10/04

石川祐希は全日本に融合できるか。世界バレー1次L、中垣内監督の意図。

バレーボールPRESS

石川祐希は全日本に融合できるか。
世界バレー1次L、中垣内監督の意図。

現在イタリア・ブルガリアで開催されている世界選手権の第3戦、対スロベニアの立ち上がり。石川祐希が渾身のサーブを打ち込み、… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/09/18

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ