ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

宏樹&柴崎に見る「6年周期の法則」。
ロシアで輝くのはロンドン世代!?

posted2018/06/07 11:30

 
宏樹&柴崎に見る「6年周期の法則」。ロシアで輝くのはロンドン世代!?<Number Web> photograph by Getty Images

ロンドンでも主力だったW酒井。あれから6年、ロシアW杯こそ彼らのための舞台なのだ。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日本は梅雨入りした地域もあり、ここからジメジメとした季節に入っていく。一方、ここオーストリアは強い日差しが緑葉にきらめく、初夏の雰囲気がすでに漂っている。

 サッカー日本代表がロシアW杯直前の合宿を行っている、ドイツ国境にほど近い街、ゼーフェルト。澄んだ空気に包まれた山岳地域は、選手たちに「最高の環境」(長谷部誠)、「準備をする上で、すべてが整っている」(槙野智章)と、あらゆる喧騒を忘れさせる空間を提供している。

 今のところチームは順調に調整を進めている。紅白戦など実戦形式のトレーニングでは、国内合宿から取り組み先月30日のガーナ戦でも採用した3バックだけでなく、ハリルジャパン時代の基本布陣である4バックにも着手。

 選手たちも入れ代わり立ち代わり自らがプレーし得る複数のポジションを転々としながら、戦術理解と自己アピールに励む。

酒井宏樹は監督交代ぐらいでは慌てない。

 そんな中、取材エリアで特に落ち着いたオーラを放っていた2人の選手が印象的だった。

 1人は、酒井宏樹。

 今季、フランスの名門・マルセイユでレギュラーとしてプレーし、リーグ戦でもブラジル代表のネイマールなど名だたるアタッカーとサイドのエリアで対峙。ハリルジャパンでも不動の右サイドバックとして存在してきた。

「どの監督にも言えますけど、サッカーでは監督が代わればやり方も変わる。そこに対してネガティブになることはないですし、みんなポジティブな雰囲気でやれていますね」

 ドイツやフランスでプレーし、彼もまた多くの海外組選手と同様に、監督もプレーヤーも頻繁にうごく欧州市場に身を置いている。プロの世界の現実を冷静に受け止め、感情に左右されることなく振る舞う姿は実に落ち着いている。

【次ページ】 3バック布陣では原口と競争に?

1 2 3 4 5 NEXT
酒井宏樹
柴崎岳
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ