ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムは今も日本を気にかけている。
「ハリルホジッチはどうしている?」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byUEFA/UEFA via Getty Images

posted2017/11/16 11:30

オシムは今も日本を気にかけている。「ハリルホジッチはどうしている?」<Number Web> photograph by UEFA/UEFA via Getty Images

W杯予選で敗退したボスニア・ヘルツェゴビナ代表のスタンド風景。オシム自ら代表監督としてイタリアW杯でベスト8に導いているだけに、悲しみも深い。

「敗北によってわかることが本当にたくさんあるはずだ」

――ええ、とてもいいテストになると思います。

「負けるかも知れないが……敗北によってわかることが本当にたくさんあるはずだ。何が足りないのか、どうすればもっとサッカーが良くなるのか。幾人かの選手は替えねばならないだろう」

――やるべきことはたくさんありますね。

「君らジャーナリストも落ち着いて仕事ができるわけだ。ずっと批判し続けてきて、今はようやくそれを止められるわけだから(笑)。次の批判に向けて新しい紙とペンを用意する十分な時間がある。

 日本人選手のヨーロッパへの移籍は今も続いているだろう。レベルの高いリーグ、優れたクラブでプレーするのはいいことだ。彼らがそこで確固たる地位を確立すればいいが。レスターの岡崎やインテル・ミラノの長友がそうであるように。彼らは名声を得て話題にものぼる。それは日本がそれだけ進歩した証拠でもある」

「日本は長い時間をかけてサッカーに投資してきた」

「日本は長い時間をかけてサッカーに投資してきた。フィジカル能力を向上させるために多大な努力をして、とても勤勉な選手たちを生み出した。ヨーロッパではそうでないとプレーができない。

 多くのクラブが日本人を獲得しているわけではないが、優れた選手を見いだす手助けにはなるだろう。

 日本人とヨーロッパ人の違いを理解したうえで選手を獲得する。違いはとりわけフィジカル面とディシプリンだ。今日のサッカーではこのふたつが揃っていないととても難しい。もちろんどうプレーするかもわかっていないといけないが。そしてプレーを知るためにはまだまだ時間がかかる。

 もし私の知人たちに会うことがあれば、私がくれぐれもよろしく言っていたと伝えてくれ。私の知る監督たちに会ったならば、私は常に日本のことを考えていると。こちらの日本大使館でおこなわれる行事にはよく出席している。大使はしばらく前に交代したばかりで、フランス語を流ちょうに話す」

――それはいいですね。

【次ページ】 代表監督候補のアマルだが、日本行きも望んでいる。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
イビチャ・オシム
アマル・オシム
ヴァイッド・ハリルホジッチ
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
岡崎慎司
長友佑都
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ