ニッポン野球音頭BACK NUMBER

ベイスターズ今永昇太のコメント力。
新人離れした理知と投球の源は? 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/05/18 11:00

ベイスターズ今永昇太のコメント力。新人離れした理知と投球の源は?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

打線の援護に恵まれず負けを4まで重ねたが、5月6日の広島戦で初勝利、続く5月14日の阪神戦でも2勝目を勝ち取った。

「新人離れした新人」たる最大の所以。

 その想像力の源泉となっているのが、観察力である。

 宜野湾キャンプで話を聞いた時のことだ。インタビューをあらかた終えて、「すごくいろんなことを考えているんですね」と言葉を投げかけると、「考えてるふりですよ」と今永は笑って、こう付け加えた。

「全然クレバーなんかじゃなくて、ただ要領がいいだけなんです。自分で言うのも何ですけど、大学でも1年生の時なんかはめっちゃ厳しかったので、処世術はうまいと思います。でもそういう人間観察が、バッターのスイングを見て『この球を狙ってるんだな』とか、そういうものを見抜く力につながってるのかもしれませんね」

 対峙する打者の狙いを感じ取り、打席では投手の表情からその心中を推し量る。観察によって得られる情報は想像力の材料となるのだ。

 そうしてイメージされた像が、ある時は危機を知らせ、ある時は決め球を教えてくれる――のだとしたら、それこそが、今永が「新人離れした新人」と言われる最大の所以ではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
今永昇太
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ