Number on NumberBACK NUMBER

カープの平均年俸。
~堅実経営で'91年以来のセ制覇を~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2015/03/25 10:00

カープの平均年俸。~堅実経営で'91年以来のセ制覇を~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

今季推定年俸4億円の黒田博樹が加わって、カープの平均年俸はリーグの中でどのくらい変化するか。

 黒田博樹の復帰によって、広島が、文字通りの「優勝候補」として語られる、これは何年ぶりのことだろうか。20代の若いカープファンにとって、これは初めての経験であろうと思われる。

 かつて広島にも黄金時代があった。1975年の初優勝から1986年まで、12年の間に優勝5回、2位3回。投手陣には北別府学、大野豊、山根和夫、打線には高橋慶彦、山本浩二、衣笠祥雄のいた広島は、セ・リーグで最も安定したチームだった。最後に優勝したのは1991年。以後、23年間、優勝していない。この間に、何があったのかと言えば、FA制の実施である。1993年オフに始まったFA制によって、広島は、FA選手を供給する「供給源」となった。川口和久('94年巨人)、江藤智('99年巨人)、金本知憲('02年阪神)、新井貴浩('07年阪神)、大竹寛('13年巨人)。そして2007年オフには、黒田がドジャースに移籍。その一方で、12球団で唯一、オーナー企業を持たない球団として、堅実経営を身上としている広島は、争奪戦に加わってFA選手を獲得したことはない。

 また、ここに示した通り、黒田以外のFA選手は全員、セ・リーグの球団に移籍している。つまり広島は、FA制によって主力選手を失うだけでなく、ライバル球団の強化にチャンスを与えていた、とも言える。

前回優勝の'91年は、セで3番目の平均年俸だったが……。

 1991年以来、広島が優勝していない理由の一つに、FA制が施行されて、育った選手を引き留めることができなくなったこと、これがあったことは間違いないだろう。引き留めることができなかった理由として、他球団とは資金力において差があったということも、認めざるを得ないはずだ。

 実際、FA制の実施以降、広島の球団年俸は、セ・リーグの中で相対的に下がっている。振り返ってみると、別表に示した通り、前回優勝した1991年、平均年俸(日本人選手)はセ・リーグの中で3番目に該当していて、決して低年俸球団というわけではなかった。1998年もセ・リーグ3番目で、この年まで、広島の平均年俸は優勝チームの平均年俸と同等ということも、それほど珍しいことではなかった。

 だが、1999年にセ・リーグの5番目になると、以来、昨年までの16年間、広島の平均年俸は5番目か6番目という状況がずっと続いている。金額としては1948万円から2841万円で、低年俸球団としてのイメージがすっかり定着してしまった。一方、その間の優勝チームの平均年俸は最低で3276万円、最高で6891万円と、相場はかなり上がっている。

【次ページ】 プロ野球界の中でも拡大している「格差」。

1 2 NEXT
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ