F1ピットストップBACK NUMBER

ケータハムF1チームついに消滅――。
最後まで忠誠を尽くした裏方たち。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2015/02/28 10:40

ケータハムF1チームついに消滅――。最後まで忠誠を尽くした裏方たち。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

人々のさまざまな思いを乗せて走った可夢偉の最終戦のリザルトは42周リタイヤ。有終の美は飾れなかったが、スタッフたちの表情には満足感が浮かんでいた。

 新しいシーズンへ向けて、各チームが新車を走らせたスペイン・ヘレスでの合同テストが終了した翌日の2月5日、寂しい知らせがロンドンから舞い込んできた。

 それは、昨年小林可夢偉が所属していたケータハムの管財人が、チームの資産を売却するというニュースだった。

 競売を主催するワイルズ・ハーディー社が「ケータハムの管財人から、チームの資産を売却するよう命じられた」と発表。

 競売にかけられるのは、2014年マシンを含むレース機材やそのマシンや機材をサーキットまで輸送するトランスポーター、さらにファクトリー内にあるドライビングシミュレーターなどである。

 これにより、チームが再建を事実上、断念したことが判明。2010年に誕生したチームは5年で、その短い歴史に幕を下ろした。

 しかし、それは手続き上の話であって、実際には発表より2カ月以上も前に、ケータハムは自らの活動にピリオドを打っていた。いつかと言えば、彼らにとって最後のレースとなった2014年の最終戦アブダビGPである。

ケータハムはなぜ昨季最終戦に出場できたのか?

 ケータハムはこのアブダビGPにすら参加できないかもしれない状態だった。

 10月中旬に行なわれた第16戦ロシアGPを終えた後、チームは管財人の手に渡り、続く2戦を欠場。だが、チームは最終戦への出場を目指した。

 同じく経営破綻していたマルシアが、最終戦のグリッドに着くことなくシーズンを終えたにもかかわらず、である。

 ケータハムが最終戦に出場できなければ、残されたチームスタッフは無職となる。その前にチームを抜け、できるだけ早く次の仕事を見つけることも可能ではあった。現にアブダビでは、違うチームで仕事する元ケータハムや、元マルシアのスタッフもいた。

 そんな中、チームが最終戦に復帰することを信じて最後までケータハムに残った者たちがいた。

 そして、その願いは通じ、ケータハムは管財人が立ち上げた“クラウドファウンディング”という募金システムによって、なんとか最終戦アブダビGPに帰ってくることができたのだ。

【次ページ】 通常70名前後のスタッフがわずか41名で……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小林可夢偉
ケータハムF1チーム

F1の前後のコラム

ページトップ