ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

大迫勇也、初ゴール以上の収穫。
ドイツでの研鑽はブラジルに通ず。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/02/13 10:50

大迫勇也、初ゴール以上の収穫。ドイツでの研鑽はブラジルに通ず。<Number Web> photograph by AFLO

デュッセルドルフとのデビュー戦で、値千金の先制ゴールを決めた大迫勇也。ゴール以外にもポストプレーなどで持ち味を見せ、早くもチームの信頼を勝ち取ることに成功した。

初ゴール以上にデビュー戦でつかんだ大きな収穫。

 だから、デビュー戦を前にした大迫は、こう話していた。

「あとはゴール前でしょう。毎試合チャンスは2、3本あるから、それを決められるかどうか」

 前半28分にはゴール前の決定機でボトツェクに後ろからのしかかられ、物議をかもすシーンがあったが、ファールはなし。直後に訪れたハインのシュート気味のパスは、押し込む寸前でクリアされてしまった。それでも63分に、相手GKがこぼしたボールを拾って、左足でのゴールを決めた。一瞬のスキをつかれての失点がなければ、あのゴールの価値も増していたかもしれない。

 いずれにせよ、デビュー戦では及第点をつけるのに十分な働きを見せたのだ。

 課題も明確になった。チームが勝てなかったこと。それに尽きる。主導権を握りながら、ホームで1-1の引き分け。順位は一つ落として9位に。自動昇格圏内の2位フュルトと勝ち点差は6に縮まったが、入れ替え戦に回る3位カイザースラウテルンとの勝ち点差は5に広がってしまった。

「今までは、(この試合で対戦したような相手と)あまり多くの試合はできていなかった。試行錯誤というか、本当にいろんなことを試しながらやるしかなかったです。ただ、もっともっとボールを触る回数を増やして、仕事の量を増やしていければ、もっと点をとっていけると思います。『楽しみ』という思いが本当に一番かな」

 試合後に、大迫は勝てなかった悔しさをにじませつつ、前を向いた。

1860ミュンヘン、日本代表での立ち位置は似ている。

 大迫に求められるものは極めて、シンプルだ。

 前線の起点となり、ゴールを決め続けること。そして、ときに自らも加わりながら、チームの守備が破たんしないことを祈るだけである。

 この状況は日本代表における大迫の立ち位置とあまりに重なる。

 W杯のメンバーに選ばれるか、本大会のピッチにスタメンとして名をつらねることができるかどうか。それはザッケローニ監督が決めることだ。

 大迫にできることは、メンバーに選ばれるようなプレーを見せ続けることや、スタメンのリストに監督が大迫の名前を書き込みたくなるような活躍を見せることだけ。

 クラブでやるべきことが、代表での地位を上げることに直結している。だからこそ、この移籍は大迫にとって、最善の道だったと言えるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
大迫勇也
1860ミュンヘン
本田圭佑

海外サッカーの前後の記事

ページトップ