SCORE CARDBACK NUMBER

カンプノウの観客減少、
解決策はどこに?
~バルサが抱えるペップの幻影~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/18 06:10

カンプノウの観客減少、解決策はどこに?~バルサが抱えるペップの幻影~<Number Web> photograph by Getty Images

スタンドに空席が多い試合のときは皮肉にもFC BARCELONAの文字が目立ってしまう状態。

 監査法人デロイトが1月に発表したクラブ別収入ランキングで5年連続で2位に入るなど、ビジネス面では成功しているバルセロナだが、意外なところに悩みも抱えている。

 それが、カンプノウの観客数の減少だ。特に今季は顕著で、1月29日の国王杯レバンテ戦では今季最低の2万5551人を記録。9万8787人収容のスタジアムは空席ばかりが目立った。この日は雨、試合開始時刻も22時と遅かったが、それを考慮してもこの数字に、地元ではバルサ人気の低迷も叫ばれている。

 スポルト紙の統計によると、今季の一試合平均観客数は1月末時点で6万6056人と、昨季の7万2649人を6000人以上下回っている。クラブはカンプノウを改修し収容人数を10万5000人に増やす計画を公表したばかりだが、このまま入場者減が続けば6億ユーロ(約900億円)が見込まれる改修に、ソシオの反対は避けられないだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 518文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

関連記事

バルセロナ
ヘラルド・マルティーノ
ジョゼップ・グアルディオラ
ネイマール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ