SCORE CARDBACK NUMBER

中邑と丸藤が魅せた、
“遊び心”満載の攻防。
~新日&ノアの天才、初シングル戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/11/09 08:00

中邑と丸藤が魅せた、“遊び心”満載の攻防。~新日&ノアの天才、初シングル戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今年1月4日には桜庭和志を破ってインターコンチネンタル王座に輝いた中邑真輔。フィニッシュ・ホールドのボマイエはアントニオ猪木の入場曲「ボンバイエ」と語源を同じくする。

 プロレスが変わった――。

 カルチャーショックと言ったら大袈裟になるが、ファイトスタイルの進化と変容ぶりに驚かされた。

 10月14日、東京・両国国技館で行なわれた王者・オカダ・カズチカvs.挑戦者・棚橋弘至のIWGPヘビー級選手権試合の“裏メイン”と言われた、中邑真輔vs.丸藤正道のシングル初対決のことだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

オカダ・カズチカ
棚橋弘至
中邑真輔
丸藤正道

プロレスの前後のコラム

ページトップ