SCORE CARDBACK NUMBER

小橋に続き田上も引退。
蘇る四天王時代の喧噪。
~12・7、ラストマッチは藤波戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2013/12/06 06:00

小橋に続き田上も引退。蘇る四天王時代の喧噪。~12・7、ラストマッチは藤波戦~<Number Web> photograph by Essei Hara

故・三沢にのど輪落としをかける田上(右)。今後も三沢が創業したノアの魂を守り続ける。

 馬場・全日本の団体カラー“赤”を背負ってきた田上明が、プロレスリング・ノアの社長として25年の選手生活にケジメをつける。まぶしかった四天王プロレスの喧噪がカーテンコールに蘇る日がやってきた。“鉄人”小橋建太の引退、秋山準以下バーニング軍団の退団など激震に耐えた創立14年目のノア。2013年の最後を飾るのが12月7日、東京・有明コロシアムで行なわれる「田上明引退記念大会」だ。

 試合は、付き人だった森嶋猛、杉浦貴、平柳玄藩を田上が携え、天龍源一郎、藤波辰爾、井上雅央、志賀賢太郎組と対戦する。メーンは9度目の防衛がかかる王者・KENTAと挑戦者であるグローバル・リーグ戦優勝者・永田裕志とのGHCヘビー級選手権試合である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国を格付する。~WORLD CUP BRAZIL 2014~

関連記事

田上明
藤波辰巳
丸藤正道

プロレスの前後の記事

ページトップ