SCORE CARDBACK NUMBER

新団体W-1旗揚げで、
武藤が背負う責任と期待。
~全日分裂からプロレス再興を~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2013/10/05 08:00

新団体W-1旗揚げで、武藤が背負う責任と期待。~全日分裂からプロレス再興を~<Number Web> photograph by Essei Hara

来年、プロ生活30周年を迎える武藤。2002年にも開催されたW-1を復活させ新たな道を進む。

 2020年の東京オリンピック開催決定に沸いた9月8日、武藤敬司率いる新団体「WRESTLE-1」(略称・W-1)が船出した。会場の水道橋・東京ドームシティホールには観衆2500人(超満員札止め)が詰めかけ、旗揚げ戦としては成功の大会だった。

 注目選手は、全日本を退団した船木誠勝、カズ・ハヤシ、近藤修司、河野真幸など予想された顔ぶれ。目新しい試みとしては、試合当日まで一方の対戦相手を“X”として発表せず、女子プロレスを含む全8試合をファンタジック&ミステリアスに進めたことだ。趣向としては面白かった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

武藤敬司
船木誠勝
カズ・ハヤシ
近藤修司
河野真幸
ボブ・サップ
ゾディアック
レネ・デュプリ

プロレスの前後のコラム

ページトップ