NumberEYESBACK NUMBER

日本人が“直接対決”で
五輪出場を争う世界柔道。
~8・23開幕プレビュー~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2011/08/22 06:00

日本人が“直接対決”で五輪出場を争う世界柔道。~8・23開幕プレビュー~<Number Web> photograph by Shino Seki

昨年の全日本選抜体重別では延長で、福見(左)が浅見に足払で有効

 8月23日、フランス・パリで柔道の世界選手権が開幕する。

 世界選手権は、オリンピックに次いで重要な位置づけの大会だが、今年はいつにも増して、格別の重みがある。来年のロンドン五輪の代表選考に結びつく大会だからだ。

 柔道は、重量級を除けば、来春の全日本選抜体重別選手権を五輪代表最終選考会に定めている。ただ、競泳のようないわゆる一発選考ではなく、「対外国人選手」の成績を中心にそれまでの実績も重視される。そのため、五輪前年にあたる今回の世界選手権の成績は、代表選考に大きく影響するのだ。

 しかも、世界選手権はオリンピックと違い、各階級に各国2名の選手が出場できる。つまり、世界選手権の舞台で、五輪代表争いの“直接対決”が繰り広げられるのである。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

浅見八瑠奈
福見友子
中村美里
西田優香
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ