セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

CLの注目カードはマンU対ベッカム!
復調ミランが赤い悪魔に襲いかかる。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/02/05 10:30

CLの注目カードはマンU対ベッカム!復調ミランが赤い悪魔に襲いかかる。<Number Web> photograph by Getty Images

今季もシーズン後半からのレンタル移籍で、存在感を放つベッカム。新生ミランの象徴となっている

「マンUと対戦すると決勝に行ける」というジンクスも!

 混迷のシーズン序盤を過ごした今季のミランにとって、マンチェスターUはあまりに厳しい対戦相手だ。だが、ミランには“マンチェスターUと対戦すると決勝に行ける”という、過去4季(1958年、1969年、2005年、2007年)のジンクスがある。とりわけ、2006-07年シーズンの準決勝第2戦、雨中のサン・シーロでの完勝劇は、“ラ・パルティータ・ペルフェッタ(=完全試合)”と呼ばれ、史上屈指の好ゲームとして今でもミラニスタたちの胸を熱くする。

 監督レオナルドは「デビッドにも、オールド・トラッフォードでの試合は期すものが相当あるだろう。われわれにとっても楽しみだ」と期待を寄せる。このカードのキーマンは誰をおいてもベッカムに他ならない。

「確かに一度、ユナイテッドは僕の人生そのものだった。だが、今の僕には目標がある。どんなに難しいとわかっていても、スクデットとCLを勝ち取りたい」

 オールド・トラッフォードが、ベッカムと新生ミランを待っている。“夢の劇場”は、必ずや見る者の胸も震わせてくれるはずだ。

関連記事

BACK 1 2
レオナルド・ナシメント
デイビッド・ベッカム
マンチェスター・ユナイテッド
ACミラン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ