箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根駅伝の“中間テスト”「優勝候補は?」「どこが好調なの?」 1位は駒澤、2位は青学、では3位は……? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/06/02 11:02

箱根駅伝の“中間テスト”「優勝候補は?」「どこが好調なの?」 1位は駒澤、2位は青学、では3位は……?<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

関東学生対校選手権、通称・関東インカレは、箱根駅伝と並ぶ非常に重要な大会である

 5000mは、主将の千明龍之佑(4年)がラスト1周で三浦(順大)の前を走り、日本人トップを目指したがホームストレートで惜しくも敗れた。それでも13分49秒32の3位と気を吐き、中谷、太田とともに早大の柱になったことを証明した。また、同じ5000mに高校歴代2位・U18日本記録の13分36秒57を持つ超大物ルーキーの伊藤大志(1年)が出走したが、14分18秒83で17位だった。「ラストスパートに課題が」と語るように、現状を把握できたことは大きな収穫になったはずだ。

昨季は箱根6位「予想以上に選手が成長している」

 早大は、千明、中谷、太田の4年生トリオに井川が引っ張る形になるだろうが、早大浮沈のキーを握るのは、2年生だろう。今回活躍した菖蒲、諸冨、北村が長い距離にフィットし、佐藤、辻が秋までにさらに成長していければ、相楽豊監督の選択肢が一気に広がる。ここに箱根デビュー戦で9区4位と好走した小指卓也(3年)、4区3位とレースを作った鈴木創士(3年)、さらにスピ―ドがある半澤黎斗(4年)、山口賢助(4年)が絡んでくると、選手層は相当分厚くなる。

 千明は、1部長距離5種目で2位になったことについて「今回はチームとしてすごく自信があったんですけど、少し物足りない結果で終わってしまった」と、好タイム続出の流れと結果がかみ合わなかったことに悔しさを見せた。だが、その悔しさ自体が、早稲田全体のレベルが上がっていることを示すもの。昨季、6位に終わった箱根駅伝の後、相楽監督は「勝てるだけの全体の力がまだ足りない。全学年でのレベルアップが必要です」と語っていたが、予想以上に選手が成長しているのではないか。

 昨季は、4区の鈴木が3位まで順位を上げたが、そこからさらに順位を上げていけるだけの力が整いつつあるようだ。

(【続きを読む】箱根3位にも黄色信号? 強豪校だけど「少し不安を感じてしまう」“常連4校”とは〈箱根駅伝まであと半年〉

(【#3を読む】 “大学No.1レベル”三浦龍司の順天堂と…「駒澤を脅かす」“ダークホース候補の4校”とは〈箱根路の中間テスト〉

関連記事

BACK 1 2 3 4
駒澤大学
青山学院大学
早稲田大学

陸上の前後の記事

ページトップ