マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「大学注目」という新カテゴリー。
センバツで気になる6人の野手たち。
 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/01/24 16:00

「大学注目」という新カテゴリー。センバツで気になる6人の野手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

明徳義塾の新沢颯真から漂う大物感。際立つバッティングセンスと抜けた部分の共存がチャーミングだ。

明徳・奥野の一振りでわかるセンス。

 その明徳義塾・奥野翔琉選手のチームメイトには、新沢颯真(3年・177cm75kg・右投左打)という左打者がいる。

 明治神宮大会の神宮球場で、そのバッティングを見て驚いた。

 優勝した中京大中京との試合だ。最初の打席の初球、137キロの私にはカットボールに見えたきびしい内角球を、みごとに振り抜いてライトポール上空へ、あわや……という推定130m大ファウル。

 苦しそうにタテに振り抜いたスイングじゃなかった。厳しくふところを突かれた137キロなのに、投球を“線”で捉えてしっかり運んでいった「本物」の打球だった。

 このひと振りで、もう結構。ほかは見なくてもよい、クリーンアップの一角を託したい。バッティングに関しては、間違いなく「逸材」だ。

 神宮に来る前の「四国大会」は4試合で5割、13打点だったという。なのに、さらにその前の県大会では、ベンチ外だったそうだ。

 脅威の大ファウルの次の打席、1死一塁から送りバントにいって、ダグアウトの馬淵史郎監督を大いに腐らせていた。そんな「とぼけたところ」も、私には逆に大物感に映ってしまった。

 明徳義塾・新沢颯真、今はこの無名のとぼけたバットマンが、3年後、4年後、立派な4番バッターに成長した姿が目に浮かぶようだ。

関連記事

BACK 1 2 3
吉田健吾
宮浦柚基
伊東光亮
西村友哉
奥野翔琉
新沢颯真

高校野球の前後の記事

ページトップ