マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「大学注目」という新カテゴリー。
センバツで気になる6人の野手たち。

posted2020/01/24 16:00

 
「大学注目」という新カテゴリー。センバツで気になる6人の野手たち。<Number Web> photograph by Kyodo News

明徳義塾の新沢颯真から漂う大物感。際立つバッティングセンスと抜けた部分の共存がチャーミングだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 さあ、後半は「野手」を探してみたい。

 センバツに出てくる選手たちの中で、もし大学野球の監督だったらぜひ来てほしい選手はだれか……。その目線で見ても、センターラインに頼りになる選手はほしい。

 国士舘・吉田健吾捕手(3年・179cm83kg・右投右打)は、いかにも鍛え甲斐のありそうな選手だ(学年表記はすべて4月以降の新学年)。

 地肩が強い、体も強そう。ストライドが大きく、下半身のスプリングの効いた走りを見ると体のバネも優秀だし、ああいう推進力あふれる走りっぷりの出来る選手は、プレーに対する意欲も旺盛なはずだ。  

 まだちょっと力を入れて投げ過ぎるし、振り過ぎる傾向がある。一生懸命やり過ぎる……と言ったほうが当たっているかもしれない。

 そんな“カド”がとれて、余計な力みがスッと抜けてくれば。今は幼さも感じるが、よい香りのしてくる捕手であることは間違いない。

宮浦柚基の「あつかましさ」がいい。

 二遊間にも、大学レベルの実戦を重ねることで、グンと伸びそうな選手が1人ずつ。

 前編で高く評価した白樺学園・片山楽生投手のバックを守る宮浦柚基二塁手(3年・171cm70kg・右投右打)。北海道大会でも明治神宮大会でもそのプレーを見たが、「東京」で見た時のほうが、なぜかずっと大きく見えた。

 神宮では三塁打、本塁打と打ちまくって、バッティングに意外なパンチ力を見せてくれたが、それ以上に、初めての大きな舞台なのに全くもの怖じすることなく、むしろ神宮こそ我が舞台とばかりにノビノビと暴れまくった、よい意味での「あつかましさ」。

 練習より、実戦で輝きを増すタイプだろう。センバツで活躍すれば一気に知名度も上がることだろう。

【次ページ】 大阪桐蔭の遊撃手は野球上手。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田健吾
宮浦柚基
伊東光亮
西村友哉
奥野翔琉
新沢颯真

高校野球の前後のコラム

ページトップ