話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

山口蛍が永井謙佑と共に変えた流れ。
代表に必要な能力と、本人の違和感。

posted2019/11/22 18:00

 
山口蛍が永井謙佑と共に変えた流れ。代表に必要な能力と、本人の違和感。<Number Web> photograph by Getty Images

代表での自分の立ち位置、という難問は山口蛍にとって未だ解決されていない。それでも貴重な選手であるはずなのだが……。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Getty Images

 1人では試合の流れを変えることができなくても2人ならやれる。

「前からいこう」

 試合をベンチで見ていた山口蛍と永井謙佑は、そう決めていたという。

 後半20分、同時にピッチに入ったふたりは、それを実行した。永井が前線で引っ張り、山口も積極的に高い位置でボールを奪いに行くことで後ろに引いた守備陣を前に押し上げさせた。

 それまでの悪い流れを断ち切り、一気にチームを変化させ、アグレッシブに攻めるいつもの日本代表の姿を取り戻した。そしてこの変化が、この日唯一の光明となった山口の代表通算3点目となるゴールを生むキッカケになったのである。

 前半は信じられないような展開がつづいた。

 8分に失点し、その後もミスがつづいて自分たちのリズムでサッカーをすることができなかった。対人の守備で軽さが目立ち、球際へのアプローチも甘く、べネズエラの選手たちに自由にもたれた。

 とりわけサントスの10番を背負うジェフェルソン・ソテルドのテクニックとダルウィン・マチスのスピードに乗った攻撃に植田直通ら守備陣が翻弄され、前半30分から8分間で3失点を喫し、べネズエラに子供のように扱われた。

山口がベンチで感じた問題点。

 山口は、ベンチで試合を見ながら苦戦の原因を見極めていたという。

「ミスがあってそれをリカバリーすることができていない状態で相手にボールを渡してしまい、相手が効率よくゴールを決めた。押しこまれた後も押し上げができていなくて、全体的に後ろに重かったし、お互いの距離が遠かったと思う。

 このくらいの相手だともっと寄せないといけないし、もっと最後のところで体を投げ出してシュートを止めることが必要だった」

 後半、中島翔哉をトップ下に入れた4-2-3-1に戻すと中島を中心に多少動きが出てきた。だが、完全に主導権を握り返すまでには至らなかった。

【次ページ】 「僕が入ってから前からいくように」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山口蛍
永井謙佑

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ