ラグビーPRESSBACK NUMBER

勇気とパワーとセンスで奪う。
姫野和樹が得意なジャッカルって?

posted2019/10/19 20:30

 
勇気とパワーとセンスで奪う。姫野和樹が得意なジャッカルって?<Number Web> photograph by 7044/AFLO

姫野和樹の代名詞となりつつある「ジャッカル」。密集でのプレーはセンスも重要だ。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

7044/AFLO

 ラグビーW杯で躍進する日本代表と共に「ジャッカル」が話題を集めている。

 4戦全勝したプール戦でNo.8姫野和樹がピンチで連発し、お茶の間やネット上は「姫野のジャッカル!」と歓喜。サモア戦やスコットランド戦後は「ジャッカル」がツイッターのトレンドに入った。

 ジャッカルはタックルで倒れた相手から、守備側が手を使ってボールを奪い取るプレーだ。

 一瞬で攻守交代を起こす早業であり、1試合に1回成功させれば仲間から「今日ジャッカルしたな」と褒められるビッグプレーだ。1試合に3回でもすればヒーロー扱いだろう。

 なぜ稀少かというと、ジャッカルが難易度の高い特殊プレーだからだ。

ルールはラックが成立するまで。

 まずタックルで倒された攻撃側のプレイヤーは、かならずボールを離さなければいけない。ボールが置かれ、両チームの少なくとも1人ずつが立ったまま接触すると「ラック」となる。この時点で、もうジャッカルはできない。ラックでは手を使うことができないからだ。レフリーがよく「ラック・フォーム!」と叫んでいるのは、もうラックが形成されている、もう手は使えない、と伝えるためでもある。

 つまり、手を使ってボールを奪うジャッカルは、ラックが成立するまでの短い間しか許されていないのだ。

 そのわずかな機会を捉えるためには、立った状態でその場に辿り着いていなければいけない。ジャッカルを何度も成功させる選手は、往々にして運動量が豊富だ。

【次ページ】 奪えなくても反則を誘発。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

姫野和樹
ジョージ・スミス
ジャッカル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ