Beyond The GameBACK NUMBER

竹田JOC会長は進んで疑惑払拭を。
~「過去」と看過できない収賄操作~

posted2019/02/05 15:00

 
竹田JOC会長は進んで疑惑払拭を。~「過去」と看過できない収賄操作~<Number Web> photograph by KYODO

質疑応答ナシの会見に、集まった報道陣からは抗議の声が上がった。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致をめぐる「贈収賄疑惑」が取り沙汰される日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恆和会長(71)の「逃亡会見」が物議を醸している。

 発端は竹田会長が理事長を務めていた大会招致委員会(現在は解散)がシンガポールのブラック・タイディングス社に「コンサルティング料」名目で計280万シンガポールドル(約2億2000万円)を送金。この一部が開催都市決定の投票権を持つIOC委員で国際陸上競技連盟会長だったラミン・ディアク氏の息子、パパマッサタ・ディアク氏に渡った疑いが浮上したものだ。ここにきてフランス予審判事が「収賄」の容疑で正式に捜査を開始したとされる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1034文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカーベテラン特集>カズの秘訣。

関連記事

竹田恆和
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ