プレミアリーグの時間BACK NUMBER

3年目のモウリーニョがついに解任。
マンUはチェルシーと同じ道を辿る?

posted2018/12/22 11:30

 
3年目のモウリーニョがついに解任。マンUはチェルシーと同じ道を辿る?<Number Web> photograph by Uniphoto press

またも3年目でクラブを去ったモウリーニョ。ユナイテッドの行く末はどこへ?

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 ようこそ、チェルシーの世界へ。

 マンチェスター・ユナイテッドでのジョゼ・モウリーニョ解任を受けてそう言ったら、イングランド伝統の強豪をサポートする人々からお叱りを受けるだろうか?

 12月18日に職を追われたモウリーニョは、マンUのこの5年間で首を切られた3人目の監督だ。暫定監督を含めれば、今季末までの舵取りを任されることが決まったオレ・グンナー・スールシャールまで、計5名が指揮を取ったことになる。

 2013年にサー・アレックス・ファーガソンが監督を勇退して以来、マンUは失われた強豪の風格を取り戻そうともがいている。その監督交代劇は頻度といい、冷酷さといい、「失業保険給付所」と揶揄されても強豪に成り上がったチェルシーも顔負けだ。

 偉大なファーガソンの後継者に抜擢されたデイビッド・モイーズは、6年契約の1年目すら終えられなかった。続く監督は、ビッグクラブでの経験も豊富なルイス・ファンハール。そんな重鎮の1人も、就任2年目にFAカップ優勝を果たした2日後に解任された。

 そして、今季のモウリーニョである。

若手の心を掴むどころか。

 リーグカップとヨーロッパリーグの2冠を獲って1シーズン目を終え、2シーズン目にはファーガソン後最高となるリーグ2位に押し上げたが、3シーズン目の折り返し地点を前にクラブを去った。なおモウリーニョにとって、3年目という解任のタイミングまでチェルシーでの解任劇と同じときている。

 成績不振でムードが悪化し、リーグ優勝どころか、トップ4争いからも早期脱落が危惧されるなかでの解任も同様だ。

 つまり、同じ失敗を繰り返したモウリーニョにも責任はあった。3年前と変わらない結果に、国内メディアは「時代の流れについていけなかった」との評価を下した。内容よりも結果にこだわる戦い方と、公の場で苦言を呈する若手の扱い方が、選手の心を掴むどころか、逆に遠ざけているということだ。

 今季は開幕1カ月目からの連敗で出遅れた。堅守志向のモウリーニョが負けない戦い方を意識しても無理はなかったが、守備的な戦い方に終始していたわけではない。その一方で、選手の奮起を狙った酷評、またベンチに置くという「鞭」を多用しすぎたような気がする。

【次ページ】 身内に対する発言の妥当さ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
ジョゼ・モウリーニョ
オレ・グンナー・スールシャール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ