ジョゼ・モウリーニョ 

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

プレミアリーグの時間

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

監督就任2年目に顔を出した、フランク・ランパードの中に潜む現役時代の恩師。そう言うと、チェルシーに黄金期をもたらしたジョ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/11/03

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

欧州サッカーPRESS

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

善きにつけ悪しきにつけ、チェルシーの歴史はロマン・アブラモビッチから始まった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/09/23

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。地味でも期待大な2年目のタイトル。

プレミアリーグの時間

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。
地味でも期待大な2年目のタイトル。

一昨季はリーグ4位でCLファイナリストだったチームが無冠の6位に終わっても、モウリーニョは評価に値する仕事をしたと言ってよい… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/08/31

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

球体とリズム

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?
モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

今回のマンチェスター・シティ──オーナーのシェイク・マンスールと言った方が正しいか──の勝訴は、最新の刳(えぐ)い事実を… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/07/16

第二のモウリーニョになれるか?スポルティング監督、アモリムの革命。

フランス・フットボール通信

第二のモウリーニョになれるか?
スポルティング監督、アモリムの革命。

着任早々、アモリムはこう宣言した。「私の目的は、ひとつのアイデンティティを確立することで達成される。チームはいまだかつて… 続きを読む

レミ・デンダニRemi Dendani

海外サッカー

2020/07/06

モウリーニョ独占インタビュー。「ジョブズと聖書と守るべきもの」

Sports Graphic Number More

モウリーニョ独占インタビュー。
「ジョブズと聖書と守るべきもの」

「信仰は必要だ。人生においても、サッカーにおいてもね。『信じることは力だ』といった、ありふれたことを言うつもりはない。サ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2020/06/30

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?

欧州サッカーPRESS

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/26

モウリーニョの毒とリアリズムと、ロマンチックなインテル3冠の結末。

セリエA ダイレクト・レポート

モウリーニョの毒とリアリズムと、
ロマンチックなインテル3冠の結末。

10年前の今日、2010年5月22日。マドリードでのCLファイナルに臨んだインテルは、2-0でバイエルンを下し、欧州の頂点に立った。… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2020/05/22

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、モウにファギー、3名将の天下争い。

欧州サッカーPRESS

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、
モウにファギー、3名将の天下争い。

当時のユナイテッドは、ロイ・キーンが内部批判を繰り返し、ルート・ファンニステルローイとファーガソンの確執が表面化。流れは… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/20

プレミア史上最強チームはどこだ。マンC、リバプール、それとも……。

欧州サッカーPRESS

プレミア史上最強チームはどこだ。
マンC、リバプール、それとも……。

さて、プレミアリーグ最強チームはどこだろうか。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/04/08

ポルトCL制覇の立役者デコが語る、モウリーニョの狂気と今季の可能性。

Number Ex

ポルトCL制覇の立役者デコが語る、
モウリーニョの狂気と今季の可能性。

「今はポルトに住み、選手の代理人をしている。主にブラジル人選手を欧州クラブへ紹介し、ブラジルと欧州各国を飛び回る毎日だ。… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

海外サッカー

2019/04/06

スールシャールがマンU正式監督に!ルーニーや現役MFも「当然」と賞讃。

プレミアリーグの時間

スールシャールがマンU正式監督に!
ルーニーや現役MFも「当然」と賞讃。

拒否されようのない「離脱案」――。EU離脱問題で混沌とする英国としては、羨ましい限りだろう。テレーザ・メイ首相の離脱案が3… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2019/04/02

マンCに「0-6」のチェルシーだが、サッリ解任の決断を下すのは尚早。

プレミアリーグの時間

マンCに「0-6」のチェルシーだが、
サッリ解任の決断を下すのは尚早。

2019年2月10日。チェルシーの歴史に不名誉な出来事が加わった。 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2019/02/18

3年目のモウリーニョがついに解任。マンUはチェルシーと同じ道を辿る?

プレミアリーグの時間

3年目のモウリーニョがついに解任。
マンUはチェルシーと同じ道を辿る?

ようこそ、チェルシーの世界へ。マンチェスター・ユナイテッドでのジョゼ・モウリーニョ解任を受けてそう言ったら、イングランド… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/12/22

マンUとマンCの立場が完全に逆転。名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

欧州サッカーPRESS

マンUとマンCの立場が完全に逆転。
名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

その昔、マンチェスター・ユナイテッドはローカルライバルを歯牙にもかけなかった。「マンチェスター・シティ? どこのどいつだ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/11/17

モウリーニョは、やっぱり面白い。愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

球体とリズム

モウリーニョは、やっぱり面白い。
愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

ユベントス・スタジアムでの逆転勝利の後に、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が披露した表情と仕草を見… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2018/11/15

モウリーニョは時代遅れではない。マンUの停滞は采配以外の面にも。

プレミアリーグの時間

モウリーニョは時代遅れではない。
マンUの停滞は采配以外の面にも。

ジョゼ・モウリーニョが、新進気鋭のCL優勝監督としてプレミアリーグに現れたのは14年前。 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/10/27

ネガティブで粘着質なモウリーニョ。マンU指揮3年目の解任は不可避か?

欧州サッカーPRESS

ネガティブで粘着質なモウリーニョ。
マンU指揮3年目の解任は不可避か?

感情的な理由付けをせずに、プラス思考で物事を捉えてみないか。近ごろは内向きの批判が多すぎる。尊敬するサー・アレックス・フ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/08/14

この夏モウリーニョが切る選手は?マンUの補強策に妄想を膨らませる。

欧州サッカーPRESS

この夏モウリーニョが切る選手は?
マンUの補強策に妄想を膨らませる。

過去2シーズン、マンチェスター・ユナイテッドから何人かの主力、有望株が退団していった。チーム構成上、やむを得ず新天地を求… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/05/04

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

欧州サッカーPRESS

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。
騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

物語のクライマックスを前に、パタリと本を閉じられてしまった気分なのだろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表を、ロ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2018/05/02

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ