ジョゼ・モウリーニョ 

なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない? 野球との違いと指導者育成の問題点「カズさんやゴンさんが監督になっても…」

Number Ex

なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない? 野球との違いと指導者育成の問題点「カズさんやゴンさんが監督になっても…」

「たとえばカズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)が監督になったら、否が応でも注目は集まりますし、試合を見に行きたいと… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

Jリーグ

2021/12/01

「おまえよりいい女と付き合うから別れるぜ」こっぴどくフラれた名将たちとインテル、ユーべのリベンジマッチが熱かった!

セリエA ダイレクト・レポート

「おまえよりいい女と付き合うから別れるぜ」こっぴどくフラれた名将たちとインテル、ユーべのリベンジマッチが熱かった!

名将マルチェロ・リッピは通算5回のスクデット歴を誇るが、その中でも「格別だった」と言い切るタイトルがある。ユベントスを率… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2021/11/27

「男として惚れた」と選手も心酔! クロップ、グアルディオラ、トゥヘル……メガクラブで成功した名将たちに共通する能力とは?

欧州サッカーPRESS

「男として惚れた」と選手も心酔! クロップ、グアルディオラ、トゥヘル……メガクラブで成功した名将たちに共通する能力とは?

おしゃべりが好きで明るい人がいれば、口数が少なくてひとりを好むタイプもいる。近頃は「がんばれよ」と肩を叩けばセクハラを指… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2021/11/06

“笑わない男”モウリーニョが人前でにこやかにピッツァを…世界を敵に回した“スペシャルワン”にローマで何が起きたのか

セリエA ダイレクト・レポート

“笑わない男”モウリーニョが人前でにこやかにピッツァを…世界を敵に回した“スペシャルワン”にローマで何が起きたのか

モウリーニョが笑っている。ASローマの新監督として11年ぶりにセリエAへ帰還した“スペシャルワン”は、人が変わったように快活… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2021/10/16

《資産46兆円のサウジマネー》がニューカッスル買収… PSG、シティを上回る資金力でモウリーニョ、ハーランド獲りもある?

プレミアリーグの時間

《資産46兆円のサウジマネー》がニューカッスル買収… PSG、シティを上回る資金力でモウリーニョ、ハーランド獲りもある?

10月7日、プレミアリーグの「持てる者」に新顔が加わった。3億ポンド(約460億円)強でニューカッスルを買収した『コンソーシア… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2021/10/15

愛憎と因縁がアツい《セリエAの7強指揮官》 ユーベを恨むサッリはラツィオ、モウリーニョはインテル3冠から11年後にローマで楽しそう

セリエA ダイレクト・レポート

愛憎と因縁がアツい《セリエAの7強指揮官》 ユーベを恨むサッリはラツィオ、モウリーニョはインテル3冠から11年後にローマで楽しそう

EURO2020を制したイタリアでは、セリエAの7強クラブによる大混戦のシーズンが幕を開けた。世に言う“7シスターズ時代”の再来だ… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2021/09/14

冨安健洋プレミア移籍を吉田麻也が予言していた? 現地番記者が知る《モウリーニョ時代から注目していたトッテナムから急転アーセナル》の真相

欧州サッカーPRESS

冨安健洋プレミア移籍を吉田麻也が予言していた? 現地番記者が知る《モウリーニョ時代から注目していたトッテナムから急転アーセナル》の真相

冨安はアーセナルでどのような使われ方をするだろうか。アルテタ監督は次のように話している。 続きを読む

田嶋コウスケKosuke Tajima

海外サッカー

2021/09/13

大坂なおみの拒否騒動で思い出す、サッカー界の伝説の会見 トラパットーニ、モウ、エメリの“勝負”とは

SCORE CARD

大坂なおみの拒否騒動で思い出す、サッカー界の伝説の会見 トラパットーニ、モウ、エメリの“勝負”とは

大坂なおみの会見拒否騒動は欧州のメディアでも大きな話題となった。どの国でも、会見というのは選手や監督にとっては本当にやっ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2021/06/28

クラシコがモメた日… フィーゴの“炎上”に怯えたセスク、モウリーニョに“目つぶし”された名将の本音とは<写真で回想>

スポーツ名言セレクション

クラシコがモメた日… フィーゴの“炎上”に怯えたセスク、モウリーニョに“目つぶし”された名将の本音とは<写真で回想>

あの時、きっと僕ははじめてクラシコ、この2クラブが持つライバル意識の本当の意味を理解したんだ。(セスク・ファブレガス) 続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

海外サッカー

2021/04/10

モウリーニョに“解雇の噂”が…トッテナムにハマらない堅守速攻 もう「スペシャルワン」は幸せになれないのか

欧州サッカーPRESS

モウリーニョに“解雇の噂”が…トッテナムにハマらない堅守速攻 もう「スペシャルワン」は幸せになれないのか

「スペシャルワンと呼んでくれ」2004年夏、FCポルトからチェルシーに着任したとき、ジョゼ・モウリーニョは自らを特別な人間であ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2021/03/28

中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~

Sports Graphic Number Special

中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~

サッカー界でも指折りの欧州サッカー通として知られ、現役時代は日本屈指の司令塔、CBとして活躍した同年代の2人の目にプレミア… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

有料

2021/02/25

ソン・フンミン&ケインの“最強ホットライン”と2年目モウリーニョの十八番カウンター 好調トッテナムの生命線

欧州サッカーPRESS

ソン・フンミン&ケインの“最強ホットライン”と2年目モウリーニョの十八番カウンター 好調トッテナムの生命線

今季の行方を占うには早合点だが、それでもトッテナムは今季最も負けてはいけない試合を落としてしまった。 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2020/12/19

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

プレミアリーグの時間

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

監督就任2年目に顔を出した、フランク・ランパードの中に潜む現役時代の恩師。そう言うと、チェルシーに黄金期をもたらしたジョ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/11/03

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

欧州サッカーPRESS

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

善きにつけ悪しきにつけ、チェルシーの歴史はロマン・アブラモビッチから始まった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/09/23

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。地味でも期待大な2年目のタイトル。

プレミアリーグの時間

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。
地味でも期待大な2年目のタイトル。

一昨季はリーグ4位でCLファイナリストだったチームが無冠の6位に終わっても、モウリーニョは評価に値する仕事をしたと言ってよい… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/08/31

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

球体とリズム

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?
モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

今回のマンチェスター・シティ──オーナーのシェイク・マンスールと言った方が正しいか──の勝訴は、最新の刳(えぐ)い事実を… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/07/16

第二のモウリーニョになれるか?スポルティング監督、アモリムの革命。

フランス・フットボール通信

第二のモウリーニョになれるか?
スポルティング監督、アモリムの革命。

着任早々、アモリムはこう宣言した。「私の目的は、ひとつのアイデンティティを確立することで達成される。チームはいまだかつて… 続きを読む

レミ・デンダニRemi Dendani

海外サッカー

2020/07/06

モウリーニョ独占インタビュー。「ジョブズと聖書と守るべきもの」

Sports Graphic Number More

モウリーニョ独占インタビュー。
「ジョブズと聖書と守るべきもの」

「信仰は必要だ。人生においても、サッカーにおいてもね。『信じることは力だ』といった、ありふれたことを言うつもりはない。サ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2020/06/30

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?

欧州サッカーPRESS

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/26

モウリーニョの毒とリアリズムと、ロマンチックなインテル3冠の結末。

セリエA ダイレクト・レポート

モウリーニョの毒とリアリズムと、
ロマンチックなインテル3冠の結末。

10年前の今日、2010年5月22日。マドリードでのCLファイナルに臨んだインテルは、2-0でバイエルンを下し、欧州の頂点に立った。… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2020/05/22

1 2 3 4 5 9 NEXT >>

ページトップ