ジョゼ・モウリーニョ 

中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~

Sports Graphic Number Special

中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~

サッカー界でも指折りの欧州サッカー通として知られ、現役時代は日本屈指の司令塔、CBとして活躍した同年代の2人の目にプレミア… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

有料

2021/02/25

ソン・フンミン&ケインの“最強ホットライン”と2年目モウリーニョの十八番カウンター 好調トッテナムの生命線

欧州サッカーPRESS

ソン・フンミン&ケインの“最強ホットライン”と2年目モウリーニョの十八番カウンター 好調トッテナムの生命線

今季の行方を占うには早合点だが、それでもトッテナムは今季最も負けてはいけない試合を落としてしまった。 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2020/12/19

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

プレミアリーグの時間

攻撃+手堅い“師匠モウリーニョ風” 2年目ランパード・チェルシーの「勝ちたければ守れ」

監督就任2年目に顔を出した、フランク・ランパードの中に潜む現役時代の恩師。そう言うと、チェルシーに黄金期をもたらしたジョ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/11/03

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

欧州サッカーPRESS

タブロイド紙の“煽り報道”に要注意 ランパードがチェルシーで名将となるための試練

善きにつけ悪しきにつけ、チェルシーの歴史はロマン・アブラモビッチから始まった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/09/23

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。地味でも期待大な2年目のタイトル。

プレミアリーグの時間

モウリーニョ、トッテナムを蘇生。
地味でも期待大な2年目のタイトル。

一昨季はリーグ4位でCLファイナリストだったチームが無冠の6位に終わっても、モウリーニョは評価に値する仕事をしたと言ってよい… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/08/31

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

球体とリズム

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?
モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

今回のマンチェスター・シティ──オーナーのシェイク・マンスールと言った方が正しいか──の勝訴は、最新の刳(えぐ)い事実を… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/07/16

第二のモウリーニョになれるか?スポルティング監督、アモリムの革命。

フランス・フットボール通信

第二のモウリーニョになれるか?
スポルティング監督、アモリムの革命。

着任早々、アモリムはこう宣言した。「私の目的は、ひとつのアイデンティティを確立することで達成される。チームはいまだかつて… 続きを読む

レミ・デンダニRemi Dendani

海外サッカー

2020/07/06

モウリーニョ独占インタビュー。「ジョブズと聖書と守るべきもの」

Sports Graphic Number More

モウリーニョ独占インタビュー。
「ジョブズと聖書と守るべきもの」

「信仰は必要だ。人生においても、サッカーにおいてもね。『信じることは力だ』といった、ありふれたことを言うつもりはない。サ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2020/06/30

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?

欧州サッカーPRESS

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/26

モウリーニョの毒とリアリズムと、ロマンチックなインテル3冠の結末。

セリエA ダイレクト・レポート

モウリーニョの毒とリアリズムと、
ロマンチックなインテル3冠の結末。

10年前の今日、2010年5月22日。マドリードでのCLファイナルに臨んだインテルは、2-0でバイエルンを下し、欧州の頂点に立った。… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2020/05/22

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、モウにファギー、3名将の天下争い。

欧州サッカーPRESS

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、
モウにファギー、3名将の天下争い。

当時のユナイテッドは、ロイ・キーンが内部批判を繰り返し、ルート・ファンニステルローイとファーガソンの確執が表面化。流れは… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/20

プレミア史上最強チームはどこだ。マンC、リバプール、それとも……。

欧州サッカーPRESS

プレミア史上最強チームはどこだ。
マンC、リバプール、それとも……。

さて、プレミアリーグ最強チームはどこだろうか。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/04/08

ポルトCL制覇の立役者デコが語る、モウリーニョの狂気と今季の可能性。

Number Ex

ポルトCL制覇の立役者デコが語る、
モウリーニョの狂気と今季の可能性。

「今はポルトに住み、選手の代理人をしている。主にブラジル人選手を欧州クラブへ紹介し、ブラジルと欧州各国を飛び回る毎日だ。… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

海外サッカー

2019/04/06

スールシャールがマンU正式監督に!ルーニーや現役MFも「当然」と賞讃。

プレミアリーグの時間

スールシャールがマンU正式監督に!
ルーニーや現役MFも「当然」と賞讃。

拒否されようのない「離脱案」――。EU離脱問題で混沌とする英国としては、羨ましい限りだろう。テレーザ・メイ首相の離脱案が3… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2019/04/02

マンCに「0-6」のチェルシーだが、サッリ解任の決断を下すのは尚早。

プレミアリーグの時間

マンCに「0-6」のチェルシーだが、
サッリ解任の決断を下すのは尚早。

2019年2月10日。チェルシーの歴史に不名誉な出来事が加わった。 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2019/02/18

3年目のモウリーニョがついに解任。マンUはチェルシーと同じ道を辿る?

プレミアリーグの時間

3年目のモウリーニョがついに解任。
マンUはチェルシーと同じ道を辿る?

ようこそ、チェルシーの世界へ。マンチェスター・ユナイテッドでのジョゼ・モウリーニョ解任を受けてそう言ったら、イングランド… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/12/22

マンUとマンCの立場が完全に逆転。名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

欧州サッカーPRESS

マンUとマンCの立場が完全に逆転。
名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

その昔、マンチェスター・ユナイテッドはローカルライバルを歯牙にもかけなかった。「マンチェスター・シティ? どこのどいつだ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/11/17

モウリーニョは、やっぱり面白い。愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

球体とリズム

モウリーニョは、やっぱり面白い。
愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

ユベントス・スタジアムでの逆転勝利の後に、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が披露した表情と仕草を見… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2018/11/15

モウリーニョは時代遅れではない。マンUの停滞は采配以外の面にも。

プレミアリーグの時間

モウリーニョは時代遅れではない。
マンUの停滞は采配以外の面にも。

ジョゼ・モウリーニョが、新進気鋭のCL優勝監督としてプレミアリーグに現れたのは14年前。 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/10/27

ネガティブで粘着質なモウリーニョ。マンU指揮3年目の解任は不可避か?

欧州サッカーPRESS

ネガティブで粘着質なモウリーニョ。
マンU指揮3年目の解任は不可避か?

感情的な理由付けをせずに、プラス思考で物事を捉えてみないか。近ごろは内向きの批判が多すぎる。尊敬するサー・アレックス・フ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2018/08/14

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ