バレーボールPRESSBACK NUMBER

男女双方をバレー日本一へと導いた、
名将・酒井新悟の心をつかむ監督術。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2018/04/30 07:00

男女双方をバレー日本一へと導いた、名将・酒井新悟の心をつかむ監督術。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

2017/2018シーズン、久光製薬はレギュラーシーズンを21戦全勝。ファイナル6で唯一の黒星を喫すも、酒井はチームを2季ぶり6度目の栄冠へと導いた。

「自然と『新悟さんを勝たせたい』と思うように」

 酒井体制2年目の今季、練習中だけでなく練習後も積極的に選手と話をする機会を設けた。

 当初は年齢が近い選手同士や、同じポジション同士など一度に2、3人と向き合う形をとったのだが、沈黙が続くばかりで少しも対話にならない。

「これを言ったらどう思われるかな、この人は何を考えているのかなと、僕ではなく、意識は隣にいる選手へ向くんです。“これはあかんな、この状況で本音なんか言わないな”と気づいたのですぐにやめました。

 だから今は1対1でしっかり話すし、できる限り練習もトレーニングも顔を出す。男子でこうやってきたんだから同じようにやれ、なんて絶対ダメ。一度シャッターが下りると、女子は二度と開かないですから(笑)」

 干渉しすぎず、離れすぎない。

 その程よい距離がいいというのは、今季MVPを受賞した石井優希だ。

「女子ってめんどくさいと思うんですけど(笑)、だからこそ深く入りすぎず、言えることは新悟さんから切り出してくれるし、ここは選手同士で話したほうがいいという時は入ってこない。そのおかげで選手同士がガッチリ1つにまとまるきっかけにもつながったと思うし、自然と、みんな『新悟さんを勝たせたい』と思うようになりました」

ナショナルチームで指揮を執る日も近い!?

 奇しくも、堺では中垣内、久光製薬では中田、現在日本代表の監督を務める2人からバトンを受け継いだ。

「“天才”と呼ばれる2人の後だからプレッシャーはなかった」と笑うが、誰しもが同じように、自らの個性を打ち出すのではなく、むしろ選手の個性を生かすチームづくりができるわけではない。

 かつてアンダーカテゴリーで発掘、育成、強化に努めた男子選手たちも活躍の場を広げ、今季の日本代表候補にも複数名を連ねる。そんな現状も踏まえ、中垣内・男子日本代表監督は「人格者で、組織をつくるのがとても上手。彼が男子のスタッフとして加わってくれたらこれほど心強い存在はいない」と前置きしたうえで、こう言う。

「おおざっぱな私と違って新悟は細かいですから。どちらかと言うならば、女子の指導者に向いているのかもしれませんね」

 男子でも女子でも、ナショナルチームで指揮を執る日もそう遠くはないのではないか。そう酒井に話を向けると、笑いながら否定する。

「先のことは全く描いていないし、正直、まさかここまで自分がバレーボールに携わって日本のトップリーグでやれているなど想像もしませんでした。だから野心も野望も全くない。今はこの久光を強いチームにしたいし、いい選手を育てたい。毎年、毎日、どうしようかな、こうしようかな、と考えるだけで必死ですよ」

 どんな未来につながるかはわからない。

 でも、だからこそ謙虚な名将が、次はどんな場所で、どんな軌跡を描くのか。

 刻み続ける一歩一歩が、新たな歴史へつながるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
酒井新悟
柳本晶一
眞鍋政義
中田久美
戸江真奈
中垣内祐一
石井優希
久光製薬スプリングス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ