ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

日本人ボクサーが海外で勝つ衝撃。
尾川堅一が開いた新しい時代の扉。

posted2017/12/14 11:40

 
日本人ボクサーが海外で勝つ衝撃。尾川堅一が開いた新しい時代の扉。<Number Web> photograph by Kyodo News

ラスベガスという場所はボクシングにとって特別な意味を持っている。尾川堅一に早速次なるオファーが来るのも当然のことと言えるかもしれない。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 9日(日本時間10日)、米ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで行われたIBF世界スーパー・フェザー級王座決定戦で、同級4位の尾川堅一(帝拳)が同級5位のテビン・ファーマー(米)に2-1の判定勝ち。日本人選手のアメリカにおける世界王座獲得は、1981年にWBA世界スーパー・ウェルター級王座決定戦を制した三原正(三迫)以来36年ぶりという快挙だった。

 日本人選手がラスベガスで世界王座を獲得する。正直なところ試合の前はピンとはきていなかったし、尾川が勝利するという具体的なイメージも持てないでいた。

 その理由の1つは、強打が自慢の尾川にとって、技巧派サウスポーのファーマーは相性の悪いタイプだと思えたからだ。一発炸裂すればKO勝ちだが、攻撃を空転させられ、ズルズルとペースを失い、最後は手がでなくなってしまう……。そんな最悪のシナリオもあり得ると予想した。

 そしてもう1つの理由が「日本人選手は海外で勝てない」という先入観である。実際に日本人選手が海外で世界タイトルに挑戦し、ベルトをもぎ取ってきたケースは少ない。ましてや尾川はプライベートも含めて海外に渡航するのが初めてというから、これでは普段の力を発揮できないのではないか、と思ったものだ。

トレーナーは「“神の左”よりも強いかも」。

 ところが蓋を開けてみると、そうした心配はすべて杞憂に終わった。

 尾川の持ち味は何と言っても攻撃力。特にパンチ力は絶大で、帝拳ジムの大和心トレーナーは、WBCバンタム級王座を12度防衛した“神の左”山中慎介よりも強いかもしれない、と口にしていたほどだ。

 尾川は初の大舞台で、多少の空振りは気にせず、力強いワンツーを打ち込み続けた。ファーマーのダッキングもよく読んで、避ける方向にパンチを打つ事前の対策も功を奏した。どんなに強いパンチでも打たなければ始まらない。簡単なようでいて、なかなかできない作業を、尾川は地道に繰り返した。

【次ページ】 2017年、日本人の海外での世界戦は3勝8敗。

1 2 3 NEXT
尾川堅一

ボクシングの前後のコラム

ページトップ