SCORE CARDBACK NUMBER

統一戦への思いは男子以上。女子ボクシングの熾烈な争い。~歴史は10年、選手は100人。望むことは「認められたい」~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2017/11/30 08:00

統一戦への思いは男子以上。女子ボクシングの熾烈な争い。~歴史は10年、選手は100人。望むことは「認められたい」~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

多田(左)と柴田の試合は1回から激しい打ち合いとなったが、中盤から多田の左ストレート、左アッパーが決まる。

 名前と顔を覚えられないほど、多くの世界チャンピオンが誕生している。普通に王座を防衛しているだけでは「その他大勢」のチャンピオンの中に埋没しかねない今、彼らは「もっと強い相手とやりたい」「統一戦をやりたい」と口にするようになった。自らは価値ある特別な存在でありたいのだ。

 これは男子に限らない。いや、女子の方がより深刻かもしれない。このところトップ同士の激突など、注目の好カードが次々実現するのも危機打開の試みにちがいない。11月10日後楽園ホールでは多田悦子と柴田直子の元世界王者同士が対決。この試合をより強く望んだのは5年前の初対決で敗れた柴田だが、リベンジはならず。多田が以前にも増して老かいさを発揮し3-0判定勝ちで健在ぶりを示した。女子のトップらしい好試合だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

動乱の時代のフットボール。~ロシアW杯出場32カ国最新格付~
多田悦子
柴田直子
藤岡奈穂子
ヨコスタ・バレ
黒木優子
小関桃

ボクシングの前後の記事

ページトップ