SCORE CARDBACK NUMBER

「尚弥二世」堤駿斗が高校生にしてアマ頂点に。~井上尚弥以来のアマ日本一、その先は……?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2017/12/25 08:00

「尚弥二世」堤駿斗が高校生にしてアマ頂点に。~井上尚弥以来のアマ日本一、その先は……?~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

千葉・習志野高3年の堤(左)は世界ユース優勝、アジアユース2連覇に加えて、国内で高校6冠。右は弟の麗斗。

「井上尚弥は間違いなく怪物です。しかしそれでもオリンピックには出場できなかったんですよ」

 ロンドン五輪で金メダルを獲得して間もない頃、村田諒太がこう言った。五輪出場権を手にするため一緒に練習し選考大会にも揃って出場した井上の才能を認めつつも、五輪出場のためには若すぎたというのだ。ロンドン大会で村田は、銅メダリストになる盟友・清水聡と同じ26歳だった。19歳の井上はプロ入りを遅らせてまで五輪出場権を追い求めたが、ついに夢を果たせずに終わっている。

 その後、井上も村田もプロに転向し、いまや共に世界王者として輝いている。なぜこのことを思い出したかといえば、先日東洋大学で催された村田諒太の世界チャンピオン獲得祝賀会の場に、驚異の高校生・堤駿斗も招かれていたからである。東京五輪の期待の星は村田の母校に進学を決めていたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 539文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集>VOICE of 2017-18

Sports Graphic Number 942

<総力特集>
VOICE of 2017-18

 

堤駿斗
堤麗斗
井上尚弥
村田諒太

ボクシングの前後の記事

ページトップ