箱根駅伝2016BACK NUMBER

箱根駅伝はいつもと様子が違う?
変化を読み解く2つのキーワード。
 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/12/18 07:00

箱根駅伝はいつもと様子が違う?変化を読み解く2つのキーワード。<Number Web> photograph by Kyodo News

トップで全日本大学駅伝のゴールを切った東洋大の上村和生。ダントツの実力を持つ青学をかわして優勝を決めた。

今回の箱根駅伝、2つのキーワード。

 東洋大にすれば、そこに付け入る隙があった。初めて全日本を制した酒井俊幸監督は話す。

「たしかに青学さんは速いですよ。でも、それで諦めるわけにはいきませんからね。『駅伝力』というものは、スピードだけでは測れないものがあります。全日本ではウチが粘り強い走りを見せることが出来ました」

 いろいろ話を聞いたうえで、今回のキーワードとして挙がってきたものがふたつある。

「高速順応」。

 そしてもうひとつは――。

「復路勝負」。

 箱根駅伝きっての知性派監督、神奈川大学の大後栄治監督は、今回の箱根をこう予想している。

予測が可能であれば、対応も可能。

「スピードあるランナーがたくさん出てきました。学生陸上界としても喜ばしいことです。1区から3区まではスピードレースになるでしょう。でも、どの学校もその予測のもとに準備してきましたから、1区、2区では大きな差がつかないかもしれない」

 過去にはこんなこともあった。2011年の大会では早大の大迫傑が1区で飛び出して大きな貯金を作った。しかし翌年は、大迫に対応した各ランナーが逃亡を許さなかった。

 これが「高速順応」だ。

 前回の1区は、各大学の有力選手が集まりハイレベルな展開となったが、シード権争いを展開する学校も健闘を見せた。

 予測が可能であれば、対応も可能なのだ。

 大後監督の予測では、それが1区から2区、展開によっては「山」まで続く。

「優勝を狙うチームは逃げたいでしょうが、そうはさせないと思いますよ。ひょっとしたら、6区までダンゴという可能性だってある」

 そこで出てくるのが「復路勝負」というキーワードだ。

【次ページ】 ここ数年とは変わってきた比重。

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ