SCORE CARDBACK NUMBER

白鵬、最大の敗因は
「張り差し」にあり。
~稀勢の里との一戦を詳細分析~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/12/11 08:00

白鵬、最大の敗因は「張り差し」にあり。~稀勢の里との一戦を詳細分析~<Number Web> photograph by KYODO

白鵬を寄り切りで下した、稀勢の里(手前)。10勝5敗で九州場所を終え殊勲賞を受賞した

 相撲界において不滅と言われた双葉山の69連勝。その数字が連日頭に浮かぶ場所に、遂にたどり着いた白鵬。揺るぎない自信で臨んだ九州場所に見えたが、そこには大きな魔物が潜んでいた。

「これが負けか」。桟敷席まで転がり落ちた白鵬が、笑みとも何ともいえぬ表情を浮かべながら思ったこと。大金星を挙げた稀勢の里を凝視することもなく、敗戦という現実を受け入れられず、焦点が定まらない。気持ちの整理がつかぬままに土俵に戻った白鵬は、一礼するとフーッと息を吐き出した。64連勝ならず。この瞬間、目に見えない怪物(双葉山)の呪縛から解き放たれた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

白鵬
稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ