SCORE CARDBACK NUMBER

平成生まれの力士たちは、
新旧交代を進められるか?
~角界の起爆剤、舛ノ山と高安~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/01/13 06:00

平成生まれの力士たちは、新旧交代を進められるか?~角界の起爆剤、舛ノ山と高安~<Number Web> photograph by KYODO

昨年の秋場所後、昇進祝いのケーキを手に、満面の笑みを見せた十両の高安。両脇は両親

 常軌を逸した数々の不祥事が表面化し、その屋台骨までもが大きく揺らいだ昨年の大相撲界。自らに猛省を促し、外部の力も借りて、ようやく時代に合った運営や指導体制が施行され始めている。朝青龍や琴光喜ら看板力士の抜けた穴を、必死で埋め続けた横綱白鵬。再生への地固めを整えた大相撲が、真の力強い歩みを取り戻せるか。平成23年の土俵は、正念場である。

 白鵬が、再び連勝街道を走るのか。連覇は何場所まで伸びるのか。白鵬の年齢と充実振りをみると、新しき相撲界の標語にも成りつつある「われ未だ白鵬たりえず」と言われる独走状態は、当分続くだろう。その中で、私が大きな期待を寄せるのが白鵬の次の世代の主役たち、平成生まれの力士たちの台頭である。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高安
舛ノ山

相撲の前後のコラム

ページトップ