野球善哉BACK NUMBER

168cmの体、130kmの直球で完封劇。
“小さな巨人”樟南・山下の投球術。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/08/13 08:02

168cmの体、130kmの直球で完封劇。“小さな巨人”樟南・山下の投球術。<Number Web> photograph by Kyodo News

9回1死満塁のピンチでも堂々と内角ストレートを投げ続け、見事三ゴロ併殺に打ちとった樟南の先発・山下敦大。

投球が安定しない山下が、急にカーブを多投し始めた。

 山下は、この試合の最初から調子が良かったわけではなかった。

「身体が前に突っ込んでいた」という樟南・山之口和也監督の言葉にあるように、序盤は投球フォームにバランスを欠いて、制球が定まっていなかった。

 6回表、山下はカーブを多投し始めた。

 捕手・緒方によれば、特にフォーム修正の意図はなかったようだが、この辺りでカーブを投じたことが、結果的にフォームの修正につながったのだろう。7、8回を6人で片づける完ぺきなピッチングを見せた。正しいフォームが、130キロのストレートや決め球のスクリューの切れを導いていた。

 かくして、山下は完封勝利を挙げた。次戦の相手は、高橋のいる前橋育英である。

「次もバックを信じて、思い切り投げたいと思います」

 山下は、そう意気込んでいるという。

 身長が低くても、ストレートが速くなくても――。

 小柄な投手が長身のスケールの大きな投手に投げ勝つ。

 そんなシーンを、思わず期待してしまう。

関連記事

BACK 1 2 3
高橋光成
山下敦大
山之口和也
山田周
田崎稔季
後門蛍太
前橋育英高校
樟南高校
佐世保実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ