JリーグPRESSBACK NUMBER

中村俊輔が示し続けた「サッカーは技術と頭脳のゲーム」 横浜F・マリノス時代の“忘れられない90分間”「時代の流れに抗うかのように…」 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/10/28 06:00

中村俊輔が示し続けた「サッカーは技術と頭脳のゲーム」 横浜F・マリノス時代の“忘れられない90分間”「時代の流れに抗うかのように…」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2013年シーズン、横浜F・マリノス時代の中村俊輔

 中村はインプレーでは伝家の宝刀である左足を、アウトオブプレーではレジェンドという立場を存分に利用して、ピッチという空間と90分という時間を支配した。

 若手のころのように身体は動かないかもしれない。だが圧倒的な技術を賢くつかえば、思いのままにゲームを創ることができる。最後の最後に優勝は逃したが、サッカーが技術と頭脳のゲームであることを体現した。それが2013年の中村だった。

時代の流れに抗うかのように

 四半世紀を超える中村の現役キャリアの中で、サッカーは大きく様変わりした。

 ジーコが日本代表監督に就任したとき、世間では“黄金の4人”と持て囃された中村、中田、小野伸二、稲本潤一の創造性やテクニックが大きくクローズアップされた。だがやがて運動量が強調されるようになり、近年ではインテンシティという言葉が市民権を得るまでになった。

 90分走り続ける走力と壊れない強靭な肉体が優先される現代サッカーの中で、中村は時代の流れに抗うかのようにプレーした。彼にはそうすることしかできない。周りが走るほど、中村の上手さと賢さが際立つことになった。

 30代半ばのベテランが、ピッチに立つだれよりも頭脳をフル回転させて、走力やインテンシティに恵まれた若者たちを振りまわす。あれから10年が経ったが、筆者は2013年の中村よりも面白いJリーガーに出会えずにいる。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《WBC決勝》7人による“魂の投手リレー”の舞台裏…大谷翔平の「全部僕がやりますから」と「もの凄い緊張感」
《WBC決勝》7人による“魂の投手リレー”の舞台裏…大谷翔平の「全部僕がやりますから」と「もの凄い緊張感」
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
中村俊輔
横浜F・マリノス
セルティック
レッジーナ
桐光学園高校
川崎フロンターレ
三浦知良
本田圭佑
中田英寿

Jリーグの前後の記事

ページトップ