横浜F・マリノス 

マリノス、宮本ガンバの策に屈す。「愚かな失点」と消された爽快さ。

球体とリズム

マリノス、宮本ガンバの策に屈す。
「愚かな失点」と消された爽快さ。

15年ぶりにライバルたちの挑戦を受ける立場となった横浜は今季、相手からつぶさに研究され、強みを消され、弱みを突かれることが… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2020/02/25

2020年J1、識者の展望&順位予想。意外な優勝候補、不気味な存在は……。

JリーグPRESS

2020年J1、識者の展望&順位予想。
意外な優勝候補、不気味な存在は……。

Jリーグ開幕直前、NumberWebで筆を振るうライター陣にJ1リーグの展望を予想してもらった。東京五輪による中断期間、そしてACLと… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

Jリーグ

2020/02/20

イニエスタの調整力、FC東京の前線。水沼貴史が挙げるJ1必見のタレント。

水沼貴史のNice Middle!

イニエスタの調整力、FC東京の前線。
水沼貴史が挙げるJ1必見のタレント。

開幕前の時点で注目選手を挙げるとすれば、やはりイニエスタではないでしょうか。 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

Jリーグ

2020/02/19

J1高卒ルーキー診断と戦略・前編。鹿島は「新黄金世代」の予感が?

“ユース教授”のサッカージャーナル

J1高卒ルーキー診断と戦略・前編。
鹿島は「新黄金世代」の予感が?

今週末のルヴァンカップを皮切りに、いよいよ2020年シーズンのJリーグが本格始動する。リーグ開幕を前に、J1全クラブの高卒ルー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2020/02/15

神戸と横浜、ゼロックスの激闘。これはJリーグ新時代の幕開けか。

JリーグPRESS

神戸と横浜、ゼロックスの激闘。
これはJリーグ新時代の幕開けか。

3-3という打ち合いとなった2020フジゼロックススーパーカップは、9人連続で外すという珍しいPK戦を経て、最後にヴィッセル神戸… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

Jリーグ

2020/02/10

<2019年ブレイクの真相>仲川輝人「MVPで終わっちゃいけない」

Sports Graphic Number Special

<2019年ブレイクの真相>
仲川輝人「MVPで終わっちゃいけない」

2019年、Jリーグの主役は間違いなくこの男だった。チームを15年ぶりの優勝に導き、得点王とMVPに。ケガに悩まされ、J2への期限付… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2020/01/26

イップス、衝突、安英学の助言。マリノスGK朴一圭「勝負は2年目」

JリーグPRESS

イップス、衝突、安英学の助言。
マリノスGK朴一圭「勝負は2年目」

「藤枝MYFCがJ3のカテゴリーに上がったとき、練習場にあるボールがJリーグの公式球に変わっていたんです。『自分もようやくJの舞… 続きを読む

キム・ミョンウKim Myung Wook

Jリーグ

2020/01/22

横浜FMの覇権奪回を呼んだ、攻めに徹する「フロント力」。~シティグループの力も総動員~

SCORE CARD

横浜FMの覇権奪回を呼んだ、
攻めに徹する「フロント力」。
~シティグループの力も総動員~

人材補強の手際がますます問われる時代になりそうだ。15年ぶりにJ1リーグを制した横浜F・マリノスの見事な立ち回りがそれを雄弁… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

Jリーグ

有料

2020/01/09

F・マリノス優勝と栗原勇蔵の引退。思い出す2004年の連覇と松田直樹。

サムライブルーの原材料

F・マリノス優勝と栗原勇蔵の引退。
思い出す2004年の連覇と松田直樹。

栗原は夜空に目をやって「引退します」と報告した。この後、「最後のお願い」として自分のチャントをサポーターに頼み込んだ。チ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2020/01/05

裏を制する者がJリーグを制した!?データが示した2019戦術トレンド。

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

裏を制する者がJリーグを制した!?
データが示した2019戦術トレンド。

優勝を争った横浜F・マリノスとFC東京はその象徴だ。徹頭徹尾、守備側のライン裏を突いて勝利を積み上げている。そこで強力な武… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

Jリーグ

2019/12/25

水沼貴史が語るマリノス優勝と秘話。小5の喜田拓也、引退の栗原勇蔵へ。

水沼貴史のNice Middle!

水沼貴史が語るマリノス優勝と秘話。
小5の喜田拓也、引退の栗原勇蔵へ。

彼の発した言葉でも伝わるかと思いますが、周りに気を配れる選手がいるチームは強い。とても謙虚な人柄なので、引っ張るタイプで… 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

Jリーグ

2019/12/12

扇原貴宏「マリノスを常勝軍団に」10年目で掲げた初めてのシャーレ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

扇原貴宏「マリノスを常勝軍団に」
10年目で掲げた初めてのシャーレ。

「プロの世界は試合に出てなんぼだと思っていたし、1年目から試合に出たいと思っていたので、何もできない自分に腹が立ったし、… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/12/10

マンCというよりリバプールみたい。「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

球体とリズム

マンCというよりリバプールみたい。
「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

それだけの観衆を集めた最大の要因は、ホームの横浜F・マリノスの披露するフットボールそのものにあったと思う。2年目のアンジェ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/09

優勝目前マリノスが提示する先進性。松原健「従来のSBとは180度違う」。

球体とリズム

優勝目前マリノスが提示する先進性。
松原健「従来のSBとは180度違う」。

連覇中の王者に引導を渡すような完勝劇だった。11月30日のJ1第33節、横浜F・マリノスは川崎フロンターレのホームで、4-1の快勝… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/02

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。“最終回”まであと2話、見どころは?

JリーグPRESS

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。
“最終回”まであと2話、見どころは?

明治安田生命J1リーグは、34試合の積み重ねで順位が決まる。どの試合も「34分の1」であるものの、ここからの2試合は特別だ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/11/28

今Jで最もホットな男はマリノスに。仲川輝人の想像力と、異能の技術。

球体とリズム

今Jで最もホットな男はマリノスに。
仲川輝人の想像力と、異能の技術。

“ハマの韋駄天”の異名を取る俊足FWは、今のJリーグで最もホットなアタッカーだ。身長161センチの小兵は、群を抜くスピードと両… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/11/16

<エールの力2019 vol.3>中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.3>
中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Jリーグ歴代3位の593試合に出場、日本代表7位となる110キャップを誇る中澤佑二さんは、幾多の激戦をくぐり抜けた歴戦の強者。声… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/10/28

マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

JリーグPRESS

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

「勝つのは大事ですが、私はどう勝つかということを大事にしています。自分たちがやりたいサッカーで勝ちたい。結果も大事ですが… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/10/24

<失意の帰国からの成長録>久保建英とFC東京の1483日。

Sports Graphic Number Special

<失意の帰国からの成長録>
久保建英とFC東京の1483日。

13歳の春。バルセロナからの帰国は、本意ではなかった。それでも進化は止まらなかった。FC東京での4年2カ月で、いかにしてフット… 続きを読む

馬場康平Kohei Baba

Jリーグ

有料

2019/09/03

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

サムライブルーの原材料

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。
中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

三ツ沢とヤット。1964年の東京五輪においてサッカーの会場として使用された伝統あるスタジアムの味も手伝ってか、何だか21年前に… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2019/09/02

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ