横浜F・マリノス 

扇原貴宏「マリノスを常勝軍団に」10年目で掲げた初めてのシャーレ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

扇原貴宏「マリノスを常勝軍団に」
10年目で掲げた初めてのシャーレ。

「プロの世界は試合に出てなんぼだと思っていたし、1年目から試合に出たいと思っていたので、何もできない自分に腹が立ったし、… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/12/10

マンCというよりリバプールみたい。「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

JリーグPRESS

マンCというよりリバプールみたい。
「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

それだけの観衆を集めた最大の要因は、ホームの横浜F・マリノスの披露するフットボールそのものにあったと思う。2年目のアンジェ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/09

優勝目前マリノスが提示する先進性。松原健「従来のSBとは180度違う」。

JリーグPRESS

優勝目前マリノスが提示する先進性。
松原健「従来のSBとは180度違う」。

連覇中の王者に引導を渡すような完勝劇だった。11月30日のJ1第33節、横浜F・マリノスは川崎フロンターレのホームで、4-1の快勝… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/02

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。“最終回”まであと2話、見どころは?

JリーグPRESS

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。
“最終回”まであと2話、見どころは?

明治安田生命J1リーグは、34試合の積み重ねで順位が決まる。どの試合も「34分の1」であるものの、ここからの2試合は特別だ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/11/28

今Jで最もホットな男はマリノスに。仲川輝人の想像力と、異能の技術。

JリーグPRESS

今Jで最もホットな男はマリノスに。
仲川輝人の想像力と、異能の技術。

“ハマの韋駄天”の異名を取る俊足FWは、今のJリーグで最もホットなアタッカーだ。身長161センチの小兵は、群を抜くスピードと両… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/11/16

<エールの力2019 vol.3>中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.3>
中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Jリーグ歴代3位の593試合に出場、日本代表7位となる110キャップを誇る中澤佑二さんは、幾多の激戦をくぐり抜けた歴戦の強者。声… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/10/28

マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

JリーグPRESS

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

「勝つのは大事ですが、私はどう勝つかということを大事にしています。自分たちがやりたいサッカーで勝ちたい。結果も大事ですが… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/10/24

<失意の帰国からの成長録>久保建英とFC東京の1483日。

Sports Graphic Number Special

<失意の帰国からの成長録>
久保建英とFC東京の1483日。

13歳の春。バルセロナからの帰国は、本意ではなかった。それでも進化は止まらなかった。FC東京での4年2カ月で、いかにしてフット… 続きを読む

馬場康平Kohei Baba

Jリーグ

有料

2019/09/03

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

サムライブルーの原材料

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。
中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

三ツ沢とヤット。1964年の東京五輪においてサッカーの会場として使用された伝統あるスタジアムの味も手伝ってか、何だか21年前に… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2019/09/02

田中裕介が知る中澤と憲剛の凄み。岡山のJ1昇格へ「自分と向き合う」。

JリーグPRESS

田中裕介が知る中澤と憲剛の凄み。
岡山のJ1昇格へ「自分と向き合う」。

プロ15年目、新しいクラブで「原点回帰」のシーズンを過ごしているという。 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

Jリーグ

2019/08/14

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。マリノスに降り注いだ拍手の正体。

JリーグPRESS

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。
マリノスに降り注いだ拍手の正体。

タイムアップの瞬間、日産スタジアムは6万5千人の大拍手に包まれた。この拍手を言葉にすると、「好ゲームをありがとう」になる。… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/07/31

“ハイリスク”なマリノスを支える、GK朴一圭の視線が気になって観察。

“ユース教授”のサッカージャーナル

“ハイリスク”なマリノスを支える、
GK朴一圭の視線が気になって観察。

突然だが筆者は、近代のGKはただシュートストップやクロス対応、コーチング、キックの精度などの才能を発揮するだけでは立ち行か… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/07/13

マリノスのアイドル天野純の旅立ち。ベルギー2部で英雄になり殻を破れ!

JリーグPRESS

マリノスのアイドル天野純の旅立ち。
ベルギー2部で英雄になり殻を破れ!

「正直、今日の後半みたいなプレーって、もっと歳をとってからでもできると思うんです」 ベルギーのロケレンへ1年間の期限付きで… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/07/11

マリノス仲川輝人が張る伏線の妙。相手の思考を読み取り、裏をかく。

JリーグPRESS

マリノス仲川輝人が張る伏線の妙。
相手の思考を読み取り、裏をかく。

されば港の数多かれど 此の横浜に優るあらめや――。横浜市歌の歌詞にあるこの一節は「数ある港の中で、横浜に勝る港はあるだろ… 続きを読む

中川聡(Number編集部)Sou Nakagawa

Jリーグ

2019/07/05

コパ・アメリカで痛感した世界との差。東京五輪戦士がJリーグで誓う成長。

Sports Graphic Number Web

コパ・アメリカで痛感した世界との差。
東京五輪戦士がJリーグで誓う成長。

南米王者決定戦「コパ・アメリカ」。アジアからの“招待客”として20年ぶりに参戦した日本は、この大会で何を手に入れたのだろう… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

PR

2019/07/04

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。

“ユース教授”のサッカージャーナル

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」
U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。

J1リーグ第16節、横浜F・マリノスvs.松本山雅の一戦。試合前に配られたメンバー表に、横浜FMのスタメンにMF山田康太の名前を見つ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/06/26

3つの問いをクリアでマリノス2位。2年目のアンジェ体制はここが違う。

JリーグPRESS

3つの問いをクリアでマリノス2位。
2年目のアンジェ体制はここが違う。

重たい曇天の下で収めた1-0の勝利――。空の色やスコアと同様に内容も渋かったと言われたら、否定はできないだろう。実際、ホー… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/06/25

“ドーハの悲劇”で1点に泣いたGK。松永成立「ミスしたら叩かれるべき」

JリーグPRESS

“ドーハの悲劇”で1点に泣いたGK。
松永成立「ミスしたら叩かれるべき」

「僕は失点につながるようなミスをしたGKは、当たり前のように叩かれるべきだと思っていますよ――」返ってくる答えは、予想と違… 続きを読む

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

Jリーグ

2019/06/19

「コパは経験しに行く場ではない」三好康児の野心家ぶりが頼もしい。

話が終わったらボールを蹴ろう

「コパは経験しに行く場ではない」
三好康児の野心家ぶりが頼もしい。

いつも話をしていて思うのだが、横浜F・マリノスの三好康児は腹の底にグツグツと煮えたぎるような大きなエネルギーを抱えている… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2019/06/12

中村俊輔を開花させた師との出会い。プロ1年目、若気の至りを見守られて。

サムライブルーの原材料

中村俊輔を開花させた師との出会い。
プロ1年目、若気の至りを見守られて。

「天才? 俺は天才じゃないから天才の人のことは分からないよ」Number979号の特集テーマが「日本サッカー天才伝説」だと伝える… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2019/06/05

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ