横浜F・マリノス 

76件中 1 - 20件を表示
40歳・Jリーガー20年目を迎えた中澤佑二が今も現役で活躍できる理由。

才色健美な挑戦者たち

40歳・Jリーガー20年目を迎えた
中澤佑二が今も現役で活躍できる理由。

「40歳から自分の身体がどうなっていくかというのに興味もあったし、色々な考えをもってトライをしてきた年だと思います」と、今… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2018/11/14

久保建英がアジアで見せた放熱。「負けて下を向いては差が開く」

サッカー日本代表PRESS

久保建英がアジアで見せた放熱。
「負けて下を向いては差が開く」

ジャカルタから南へ車で1時間半ほどにあるボゴールは、地元では保養地として知られる。確かに首都ほど蚊も多くない(少ないわけ… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/11/06

ルヴァン決勝は湘南vs.マリノス。ゴール量産、独自路線を見逃すな。

JリーグPRESS

ルヴァン決勝は湘南vs.マリノス。
ゴール量産、独自路線を見逃すな。

ハートは熱く、頭はクールに。自身初の国内メジャータイトルをかけた一戦を前にして、湘南ベルマーレの曹貴裁監督はそんな状態に… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/10/25

マリノス中盤で闘う“おーつゆーき”、チャラ男アタッカーが変身の理由。

JリーグPRESS

マリノス中盤で闘う“おーつゆーき”、
チャラ男アタッカーが変身の理由。

失礼を承知で言うと、チャラいアタッカーだと思っていた。大津祐樹、現在28歳。2008年に高卒で柏レイソルに入団し、4年後のロン… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/10/23

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。ゴール後、左腕にキスをする理由。

JリーグPRESS

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。
ゴール後、左腕にキスをする理由。

上位争いとは無縁のまま、秋を迎えた横浜F・マリノス。だがこのチームには、気になる男がいる。ポルトガルからやって来たストラ… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2018/10/10

横浜FMに憧れ湘南で育ち浦和で飛躍。遠藤航の叶った夢と「もう1つ」。

JリーグPRESS

横浜FMに憧れ湘南で育ち浦和で飛躍。
遠藤航の叶った夢と「もう1つ」。

日本代表DF遠藤航は、ロシアW杯で一度も試合には立てなかった。目の前に引かれたタッチラインの向こう側が誰よりも近くて遠い。… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/07/31

元J守護神・榎本達也が驚きの決断。なぜブラインドサッカーに転向?

Number PLAYBACK

元J守護神・榎本達也が驚きの決断。
なぜブラインドサッカーに転向?

勝つには勝った。でも、そろそろ手を打たねばならない。2016年11月、ブラインドサッカー日本代表はドイツで開催された国際親善大… 続きを読む

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

2018/07/30

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

サムライブルーの原材料

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。
ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

誰かが言った。筆者も思った。今季から横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルーが設定する「ハイライン」に、中澤佑二… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/30

ハマの守護神は小さくても守れます。マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。

JリーグPRESS

ハマの守護神は小さくても守れます。
マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。

「現代のサッカーではストライカーに大きな給与が支払われるが、実際はGKの方が重要かもしれない」2015-16シーズンを前に、同じ… 続きを読む

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

2018/03/22

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

JリーグPRESS

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。
“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

「今年のマリノスはつなぐつなぐって聞いてたけど、マジで(マンチェスター・)シティみたいじゃね?」「去年と全然違うチームだ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/03/06

新生マリノスの真ん中に天野純。「何かやりそうな選手になりたい」

話が終わったらボールを蹴ろう

新生マリノスの真ん中に天野純。
「何かやりそうな選手になりたい」

元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルーが監督に就任し、新体制でスタートした横浜F・マリノス。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/02/06

横浜F・マリノスでの3年間を告白。モンバエルツ前監督は何を目指した?

ワインとシエスタとフットボールと

横浜F・マリノスでの3年間を告白。
モンバエルツ前監督は何を目指した?

エリク・モンバエルツが、横浜F・マリノスでの3年間の任期を終えてフランスに帰国した。集大成の年となるはずだった昨季はJリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/01/30

齋藤学の思いを聞き続けた1年間。マリノスファーストだった男の決断。

サムライブルーの原材料

齋藤学の思いを聞き続けた1年間。
マリノスファーストだった男の決断。

川崎フロンターレの新体制発表が行なわれる2日前だった。齋藤学は横浜F・マリノスから移籍に踏み切った苦渋の決断をSNSに記した… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/01/25

天皇杯って実は戦後に始まった?喜び、切なさが交錯する元日決戦。

JリーグPRESS

天皇杯って実は戦後に始まった?
喜び、切なさが交錯する元日決戦。

2018年、明けましておめでとうございます。めでたい。年末年始、親族への挨拶もそこそこに、テレビをつければ様々なスポーツがや… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2018/01/01

トリコロールのロクとハチの伝説。上野と遠藤から、扇原と中町へ。

JリーグPRESS

トリコロールのロクとハチの伝説。
上野と遠藤から、扇原と中町へ。

トリコロールのロクとハチ。背番号6の扇原貴宏と背番号8の中町公祐は、6月18日ホームの川崎フロンターレ戦で初めてコンビを組ん… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/10/21

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。ロシアと日本、マリノスへの想い。

話が終わったらボールを蹴ろう

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。
ロシアと日本、マリノスへの想い。

10月14日、横浜F・マリノスvs.大宮アルディージャでのこと。マリノスのメンバー表を見た瞬間、、「あれっ」と思った。日本人の名… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/10/20

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。9月26日に衝撃的なニュースが流れた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/27

クライファート愛弟子に横浜で直撃。マルティノス、Jリーグってどう?

JリーグPRESS

クライファート愛弟子に横浜で直撃。
マルティノス、Jリーグってどう?

マルク・オーフェルマルスやアリエン・ロッベンといった名ウイングを輩出してきたオランダ。そこで育ったサイドアタッカーがJリ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/16

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。天野純、「うまいけど」からの脱皮。

話が終わったらボールを蹴ろう

俊輔の系譜を継ぐマリノスの技巧派。
天野純、「うまいけど」からの脱皮。

それは実に、鮮やかなゴールだった。7月29日の清水エスパルス戦、前半42分のことである。山中亮輔が高速クロスを上げると、タイ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/08/05

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ