熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

カズが生き抜いたブラジル、メッシを生んだアルゼンチンの育成より… 日本サッカーの参考になるのは《実はウルグアイ》なワケ

posted2021/11/14 17:02

 
カズが生き抜いたブラジル、メッシを生んだアルゼンチンの育成より… 日本サッカーの参考になるのは《実はウルグアイ》なワケ<Number Web> photograph by JMPA(2)/Getty Images

ネイマール、メッシ、スアレス。南米各国が誇るストライカーはそれぞれの育成環境の上で育まれている

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

JMPA(2)/Getty Images

日本サッカーは果たして本当に「世界の列強に伍する」実力を手に入れられるのか。育成という観点から、南米超大国のブラジル在住ライターが記した記事をお届けする(全4回の第3回)

 カズは高校を1年で中退し、15歳でブラジルへと渡った。プロクラブのアカデミーで練習するのと並行して、フットサルチームにも入った。彼のトレードマークである跨ぎフェイントは、フットサルの代表的な技の一種だ。

 退路を断ったカズは、「何が何でもプロになる」という強い覚悟で、ハングリー精神の塊のような同世代のブラジル人と激烈な競争をした。努力が実を結び、19歳になる2日前、名門サントスと念願のプロ契約を交わす。しかし、サントスではほとんど出場できず、地方の中小クラブで武者修行をした。2年後、サントスへ復帰すると、今度はレギュラーとして活躍。「ガリンシャ・ジャポネス」(日本のガリンシャ)と呼ばれ、ブラジル全土にその名を知られるまでになった。

選手育成システムの根幹は数十年前に確立

 ブラジル国内の育成年代の大会としては、U-15、U-17、U-20の州選手権があり、U-17とU-20は全国選手権(20チーム参加)とカップ戦(32チーム参加)がある。さらに、南米レベルでは2011年にU-20コパ・リベルタドーレス(10カ国の12チームが参加)が創設された。

 ブラジルのフットボール関係者は、「我が国の選手育成システムの根幹はすでに数十年前に確立された。そのお陰で、今日のようなフットボール大国になったんだ」と胸を張る。

 そんなフットボール大国であるブラジルだけでなく、南米には2つのW杯優勝経験国がある。アルゼンチンとウルグアイだ。ではこの2カ国はどのような育成システムを築き上げているのだろうか。

アルゼンチンの「バビーフットボール」とは

 アルゼンチンの選手育成システムは、ブラジルと類似する点が多いが、相違点もある。選手が主としてプロクラブのアカデミーで育成されるのは、ブラジルと変わらない。最大の違いは、小学生年代でブラジルではフットサルをプレーするのに対し、「バビーフットボール」を活用することだろう。

【次ページ】 マラドーナはいかにして育ったか?

1 2 3 NEXT
ネイマール
リオネル・メッシ
ルイス・スアレス
三浦知良
エディンソン・カバーニ
カタールW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ