野球善哉BACK NUMBER

なぜ甲子園では完投させたくなってしまうのか? 地方大会は全試合“継投勝ち”でも…監督の本音は「ベンチは動きづらい」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/08/25 20:25

なぜ甲子園では完投させたくなってしまうのか? 地方大会は全試合“継投勝ち”でも…監督の本音は「ベンチは動きづらい」<Number Web> photograph by KYODO

25日の甲子園3回戦。松商学園打線を完封(2ー0)し、雄たけびを上げる明徳義塾・代木大和投手

「山本は変則の左腕投手ですので、打席に立たないと攻略法が難しいと思います。ですから、どこのタイミングで起用するかは重要やと思っています。今回みたいに左が並ぶから起用するだけではなく、力があるバッターの時は右打者でも起用を考えたい」

 次戦は智弁和歌山との対決になる。

 エースの山崎は県大会決勝でノーヒットノーランを達成。甲子園の初戦(弘前学院聖愛戦)でも完投勝利を挙げており、一人で投げ切る力はある。しかし、智弁和歌山打線は1~5番まで4番の徳丸天晴以外、左打者が並ぶ。勝ち抜くための継投が必要になってくるはずである。

 高校野球が一戦必勝であることは間違いないが、その中でもどの試合に重きを置くかで投手起用は異なってくる。ベスト8から4日間3試合の過密日程でもある。決勝戦でエースを投げさせるためにマネジメントするのも一つの手だし、故障ケアの観点からの起用法を考えていくのも指導者の姿勢としては間違ってはいない。一方、目先の勝利に拘った先に優勝があると、エースに依存する指揮官もいるだろう。

 投手マネジメントが勝負を分ける大会になりそうだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
智弁和歌山高校
日本航空高校
三重高校
智弁学園高校
明徳義塾高校
代木大和
馬淵史郎
石見智翠館高校

高校野球の前後の記事

ページトップ