三重高校 

センバツの流行は「バントなし」。三重が大切にする打ちたい気持ち。

野ボール横丁

センバツの流行は「バントなし」。
三重が大切にする打ちたい気持ち。

優勝した大阪桐蔭の西谷浩一監督は、今大会のトレンドは「バントなし」と「複数投手制」だったと振り返った。前者の筆頭格は、ベ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2018/04/07

三重の1番・梶田蓮は天才だった。仲間たちが信頼した圧倒的な観察眼。

野ボール横丁

三重の1番・梶田蓮は天才だった。
仲間たちが信頼した圧倒的な観察眼。

三重の1番打者・梶田蓮には出塁することともうひとつ、大事な仕事があった。相手ピッチャーのボールの印象を話し、基本的な攻略… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2018/04/04

高校野球のキーワードは、「工夫」と「分析」へ。~夏の甲子園、勝利への新セオリー~

SCORE CARD

高校野球のキーワードは、「工夫」と「分析」へ。
~夏の甲子園、勝利への新セオリー~

第96回夏の甲子園、その頂点に立ったのは大阪桐蔭だった。2年前の藤浪晋太郎(現阪神)のような絶対的エースが不在の投手陣は大… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

有料

2014/09/05

甲子園のバント、181回は減少傾向?勝率との関係から局面、最多校まで。

詳説日本野球研究

甲子園のバント、181回は減少傾向?
勝率との関係から局面、最多校まで。

先月25日に幕を閉じた夏の甲子園大会を、「バント」をテーマに考えてみた。高校野球では無死ないしは1死一塁という局面で最も頻… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

2014/09/03

三重・中村監督の「全員出す」信念。思い出作りではなく、勝つためにこそ。

野ボール横丁

三重・中村監督の「全員出す」信念。
思い出作りではなく、勝つためにこそ。

「全員出して勝つ。それがいちばんです」決勝前日、三重の監督・中村好治は意気込みを尋ねられ、そう語った。三重は準決勝までの… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2014/08/26

大阪桐蔭4度の優勝にあった共通点。「前年より弱い」という危機感が原点。

野球善哉

大阪桐蔭4度の優勝にあった共通点。
「前年より弱い」という危機感が原点。

これが大阪桐蔭の執念か。すべての試合に先発した三重のエース・今井重太朗は言う。「大事なところで甘くなったところを打ってき… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2014/08/25

甲子園に溢れる「右左」の選手たち。イチローが10年前に作った“流れ”。

スポーツ・インテリジェンス原論

甲子園に溢れる「右左」の選手たち。
イチローが10年前に作った“流れ”。

今年の甲子園、3回戦の試合を観戦したが、去年の猛暑の大会よりはいくぶん、しのぎやすかった。ライトからレフトへ吹く浜風が心… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

高校野球

2014/08/25

昨秋覇者・沖縄尚学が失った「底力」。“ライアン”山城、夏の暑さに散る。

野球善哉

昨秋覇者・沖縄尚学が失った「底力」。
“ライアン”山城、夏の暑さに散る。

まだ諦める点差じゃないはずだ。“あの戦い”を見たものからすれば、そう思ったに違いない。昨秋の明治神宮大会決勝・日本文理戦… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2014/08/22

ページトップ